海外で圧倒的な人気を誇る音楽配信サービス「Spotify」(スポティファイ)が遂に日本に上陸しました。
なんとAndroidiOSPCPlayStationでも聴くことができます!

「もう別のサービスで音楽聴いてるからいいや」と思っているそこのあなた、一度Spotifyを使ってしまうととその便利さに、きっと他のサービスは使わなくなってしまいますよ!他の音楽配信サービスと比べて何が違うのかなど、Spotifyの特徴をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

海外での人気がすごい

日本の音楽配信サービスはApple Music, Google Play Music, LINE MUISC, AWA, Amazon Prime Musicなど、すでに色々なサービスが公開されています。Spotifyと他の代表的な音楽配信サービスの検索回数を比較してみました。

spotify_search

青いグラフがSpotify、赤いグラフがApple Music、黄色いグラフがGoogle Play Music、緑のグラフがAmazon Prime Musicです。比べるまでもなく、圧倒的にSpotifyの人気が高いことが一目瞭然です。

4000万曲以上を無料で聴けるという強さは圧倒的ですね。日本でも近いうちに誰もが音楽を聴くならSpotifyという時代になるかもしれません。

無料プランが存在する

Spotifyには、「Spotify Free」と「Spotify Premium」の2つのプランがあります。Freeではなんと無料で音楽を聴くことができるんです!これが他のサービスと大きく違う所ですね。いくつか制限はあるものの、無制限に曲を聴くことができ、無料だということが申し訳なくなるくらい十分に楽しむことができます。

FreeとPremiumの違い

広告が入らない

曲を再生していると、一定時間ごとに広告が再生されます。初めはあまり気にならないかもしれませんが、ずっと聴いていると何度も何度も同じ広告が再生されてしまうため、すごい気になります。音楽配信サービスはSpotifyをメインで使うような人は、有料会員になることをおすすめします。

好きな曲を自由に聞ける

アプリからSpotifyを聴く時、無料会員だと一定回数までしか曲をスキップすることができません。また、アルバムを聴く場合にはシャッフル再生になってしまうため、2曲目が聴きたい!という時もシャッフルで再生されるのを待つしかありません。

有料会員になると曲を順番に再生できるのはもちろん、アルバムを再生する時も曲を指定して聴くことができるので、好きな曲を好きな時に聴けるようになります

オフライン再生が可能

有料会員になると、端末に曲を保存することができるようになります。スマホの通信量って結構気にしてしまいますが、オフライン再生だとWi-Fi接続時に曲を保存しておいて、出先では端末に保存されている曲を聴くようにすると、通信量を抑えることができます。

最高音質で聴くことができる

音質は「自動」「標準」「高音質」「最高音質」の4つがありますが、「最高音質」を選択できるのは有料会員だけです。劇的に変わるわけではありませんが、初めて最高音質で曲を再生した時はクリアな音質に驚きました。

Discover Weeklyが万能すぎる

Spotifyには毎週更新される、その人におすすめの曲だけを集めたDiscover Weeklyというプレイリストが自動で更新されます。このDiscover Weeklyの選曲が素晴らしいんです!

新しいアーティストを発見できる

Discover Weeklyは普段自分が聴かないアーティストの曲でも、好みに合った曲を選曲してくれます。日本ではまだ無名でも海外では人気のあるアーティストの曲が選ばれたり、1回聴いただけで惚れ込んでしまうような運命の曲と出会えたりすることもたまにあります。

作業BGMにピッタリ

何か作業をしながら音楽をBGMとして流すような時、ずっと同じ曲が流れてきて聞き飽きてしまうようなことはありませんか?Discover Weeklyなら毎週曲が更新されるので、そんなことにはなりません。

しかも、普段自分が聴いている曲のテイストと近い曲が再生されるので、変な曲が流れてきて気になってしまうようなこともあまりありません。

気に入った曲は忘れずに保存

Discover Weeklyの注意すべきポイントは毎週更新されてしまうこと。せっかく気に入った曲が入っていたのに、更新されてなんという曲か分からなくなってしまった。なんてことになってしまいます。

そうならないように、気に入った曲は忘れずにMy Musicに保存するようにしましょう。スマホなら曲の右側の3点ドットのメニューから「保存」を選択すればMy Musicに保存することができます。PCなら「+」ボタンをクリックするだけで保存できてしまいます!

Release Raderで新曲を見逃さない

フォローしているアーティストやよく聴いているアーティストの新曲だけを集めて自動で更新されるのがRelease Raderです。色々なアーティストを聴いていると、それぞれの新曲を探してプレイリストに追加して…という作業は面倒ですよね。

これまで頑張ってプレイリストを作っていたけど…という方もいるかもしれませんが、そんな作業もこれからは全部自動でできてしまいます。そう、Spotifyならね

招待コードはいつ届くの?

Spotifyは9月29日に日本でのサービスを開始しましたが、公開時点では招待コードが必要であるため、すぐには利用することができません。

招待コードをリクエストする

招待コードはアプリやウェブからリクエストすることができます。一刻も早く使いたい!という人はこちらからすぐにリクエストを送信しておきましょう。すでに海外のアカウントでSpotifyを利用していた人は、設定を変更することで日本のアカウントとしてすぐに利用することができますよ。

招待コードが来ない!届かない!

招待コードをリクエストしてもすぐには届かないようです。一部の情報によると10月の下旬までには届くようなので、焦らず待ちましょう。

招待コードが申請できないバグが発生しているとの情報あり

招待コードが申請できない不具合が発生している場合、アプリを最新バージョンにアップデートすると申請できるようです。

日本では聴ける曲が減ってる?

ついにSpotifyが日本に上陸した!ということでわくわくしながらアカウントの登録を日本に変更し、有料プランに登録してみました。すると、思いがけないことに「My Musicに入っている曲の半分くらいが聴けなくなってる…」という事態が発生しました。

おそらく、海外と日本では聴ける曲やアーティストの種類が異なっているため、日本で登録したアカウントでは聴けないアーティストがいるのでしょう。すでに海外アカウントでSpotifyを利用している人は、少し注意してください。
※反対に、日本のアカウントでしか聴くことのできない曲もあると考えられます。

ただ、日本登録のアカウントでないと日本のクレジットカードを使って有料会員になることはできません。そのため、有料プランで聴きたいという人は日本のアカウントを取得するようにしましょう。

続報 ※10/3更新

今日確認したら、聴ける曲が増えていました。もしかすると現在視聴できない曲も今後どんどん聴けるようになる可能性がありますね!

そのためMy Musicからは削除せず、そのまま残しておいた方が良さそうです。

続報2 ※10/14更新

ちらほらと招待コードが届いたという情報が登場しています。
10月下旬といううわさもありましたが、もしかするともっと早く届くかもしれません!

まとめ

Spotifyの日本上陸はもうすぐだと言われ続け、数年が経ちましたがついに日本上陸が実現しました。

その間に日本では色々な音楽配信サービスが開始され何歩も出遅れたSpotifyですが、サービスの質は一歩先を進んでいます。使えば使うほどパーソナライズされていき、自分だけの音楽プレイヤーを作り上げることができます。

噂によるとFacebookが買収しようとしているという話もあり、今後も見逃せないサービスであることは間違いなしですね!

スポンサーリンク

おすすめの記事