WordPressを使ってWebサイトを作成する時、みなさん最初に悩むのがどのテーマにするかだと思います。どうせWebサイトを作るなら多くの人にアクセスしてもらうために、SEOに強いWebサイトを作りたいですよね。WordPressのテーマの中には、SEO対策をしっかり考慮して設計が行われている、SEOに強いテーマとそうでないものに分けることができます。

今回は、SEOに強いWordPressのテーマについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

SEOに強いテーマとは

SEOに強いテーマと言っても、実際どういった点で優れているのかよく分からない方も多いと思います。そもそもSEO対策についてあまり詳しくない方は、下記の記事に目を通してSEO対策の基本を押さえておきましょう。

では、まずSEOに強いテーマというのはどういったテーマなのかご説明していきます。

SEO対策に必要なポイントが押さえられている

SEOに強いテーマというのは、SEO対策の基本的なポイントがしっかりと押さえられているテーマです。一般的なテーマの場合プラグインを導入しないとできないようなことが、SEOに強いテーマの場合基本機能として備え付けられている場合が多いです。そのポイントというのは、下記のようなものになります。

  • ページの読み込み速度が早い
  • パンくずリストが設置されている
  • コーディングが適切に行われている
  • スマホ表示が最適化されている
  • SNSシェアボタンが設置されている
  • 関連記事の表示がデフォルトで設定されている

上記のようなSEO対策のポイントがデフォルトで備え付けられているというのがSEOに強いテーマの基本的な特徴です。全部自分でやろうとすると、色々なプラグインを導入したりHTMLやPHPのコードを色々記述しないといけませんが、それらがすべて完了しているためWebサイト制作の時間を大幅に短縮することができます。

SEOの内部対策が最適化されている

SEOの内部対策とは、クローラーが巡回しやすい構造になっていたり、内部リンクが最適化されていたりするなど、SEOに強い内部構造を作ることを言います。

しっかりとSEO内部対策を行うためにはある程度知識が必要になりますが、SEOに強いテーマはしっかりと作り込まれているため、SEOの知識が無くても内部対策をばっちりと行うことができます。

デザインが優れている

いくらSEOに強いテーマであっても、ユーザーが見た時にコンテンツを読みづらかったりそもそも見た目がダサいテーマだとページを開いてすぐに離脱してしまう可能性があります。SEOに強いテーマというと、SEO対策に関するポイントが重視されがちですが、実際には見た目のかっこよさや美しさというのがアクセス数に大きく影響します。

今回ご紹介しているテーマに関しても、デザインが時代遅れになっていないか、ユーザビリティの高いテーマかどうかというのを考慮して選びました。

SEOに強いWordPress無料テーマ

まずは、無料で利用できるSEOに強いWordPressのテーマについてご紹介していきます。無料とはいえクオリティが高いテーマばかりなので、有料テーマと比べても遜色ないWebサイトを作ることができます。

LION BLOG


LION BLOGは、SEO対策に強いテーマの中でもデザイン性が素晴らしいテーマです。有料のテーマであればそれなりにデザイン性がしっかりしているものもたくさんありますが、SEO対策に優れていて、デザイン性も有料テーマに見劣りしないテーマはLION BLOG以外に無いのではないでしょうか。

beans


beansは優れたデザインでありながら軽量化を実現しているWordPressのテーマフレームワークです。テーマのフレームワークという言葉を聞き慣れない方も多いかと思いますが、カスタマイズのベースとなるテーマだと思ってください。ベース部分が予め作られているため、新しくWordPressのテーマを作る場合でも開発にかかる手間を大幅に削減することができます。ダウンロードページにはいくつか子テーマも公開されているので、そちらを使えば開発を行わずにbeansテーマを利用することができます。

Luxeritas


Luxeritas(ルクセリタス)は、最近注目を集めているWordPressのテーマです。カスタマイズ性に優れており、ページの表示速度も非常に早く導入のメリットがとにかく多いテーマです。AMPページも通常のページとデザインがあまり変わらずに表示できるなど、細かいところがしっかりと作り込まれている点も素晴らしいテーマです。

STINGER


STINGERは最も有名なSEOに強いWordPressのテーマの中の1つです。シンプルなデザインですが、UI/UXに優れていてユーザビリティの高いWebサイトを作成することができます。また、シンプルな設計なのでテーマをカスタマイズして使用したい方にも向いています。多くの人に利用されており、カスタマイズの方法などもWeb上に多く出回っているため、初心者の方でもネットで調べれば細かいカスタマイズを行えるのも大きなメリットですね。

Simplicity


SimlicityもSTINGERと同様に非常にシンプルなテーマです。STINGERと比べると細かい設定を行えるようになっているので、テーマのカスタマイズは手間だけど色々と細かい所は調整したいという方におすすめのテーマです。広告を掲載する場合もウィジェットを設置するだけで最適な形で表示することができます。サイト内の他のページを表示する時にブログカードで表示できるというのも嬉しいポイントですね。

Xeory base


Xeory baseは、バズ部という有名なWebメディアを運用している会社によって提供されているテーマです。STINGERやSimplicityよりもデザインが優れており、見た目が美しいのが特徴のテーマです。

Gush5


Gushはカスタマイズ性に優れたWordPressテーマとして有名で、様々なバージョンが公開されていますが、最新版の「Gush5」がおすすめです。トップページがグリッドレイアウトで構成されていて、記事ページは2カラムが基本のレイアウトとなっています。オリジナリティのあるトップページの構成は、カスタマイズ次第で色々な使い方ができそうです。

マテリアル


マテリアルは、その名の通りマテリアルデザインで作られているテーマです。SEO対策に優れていることはもちろん、マテリアルデザインをテーマに設定したい方におすすめです。

SEOに強いWordPress有料テーマ

続いて、SEOに強い有料テーマをご紹介したいと思います。無料テーマでも十分Webサイト制作に必要な機能は搭載されていますが、有料テーマはデザインがしっかりと作り込まれていたり、カスタマイズ性も優れていたり、無料テーマより優れた点が多いというのも事実です。無料テーマと比べると、サイト制作にかかる時間も短縮できるため時間が無い方は有料テーマがおすすめです。

ストーク


ストークは、OPENCAGEという会社が販売しているWordPressテーマです。モバイルファーストという点が特に重視されているテーマで、スマホユーザーが多いサイトには相性がよさそうです。SEO対策がしっかり行われている所とデザインが作り込まれている所がさすが有料テーマといった所でしょうか。時間をかけずにクオリティの高いテーマを手に入れたい場合におすすめのテーマです。

販売価格:10,800円

アルバトロス


アルバトロスもOPENCAGEが販売しているWordPressテーマです。ストークと同じようにモバイルファーストが徹底されており、スマホでも美しいデザインで表示することができます。

販売価格:7,980円

MAG


MAGはブロガーにおすすめのWordPressテーマです。2カラムや3カラムなどのレイアウト、広告のショートコード、要素の表示非表示などをすべて設定で変更することができ、ソースコードの編集は必要ありません。WordPressに慣れていない人でも、レイアウトを自由に作成することができるのがとても嬉しいポイントですね。もちろんSEO対策もしっかりと行われています。

販売価格:10,890円

Genesis


Genesisは、SEO対策に特化したWordPressのテーマとして海外で最も有名なWordPressテーマフレームワークです。とにかくカスタマイズ性に優れており、Genesisをベースにして様々なWebサイトが作られています。海外のテーマなのでカスタマイズの情報が載っているページも英語のページが多いですが、日本のテーマと比べるとWeb上に出回っている情報も多いので、その点は海外のテーマを利用するメリットですね。

販売価格:59.95ドル

まとめ

ここまでSEOに強いテーマについてご紹介してきましたが、SEOに強いテーマを使えば検索順位が必ず上がるわけではありません

Googleが検索順位を決める要素の中で特に重視されているのが、ユーザーにとって有益なコンテンツを提供しているサイトかという点です。テーマ選びはあくまでWebサイトのベースとなるものなので、コンテンツ制作に注力するようにしてくださいね。

WordPressに関連する情報はこちらからご覧ください。

おすすめの記事