WordPressはプラグインを使うことによって、SEO対策から関連記事の表示、ページの表示速度改善など、様々な機能拡張を行うことができます。

ただし、プラグインの数が増えすぎると逆に処理が重くなってしまって読み込み速度が遅くなってしまったり、相性の悪いプラグインがあると上手く表示されないということもあります。

なるべくプラグインの数を減らしつつ、便利な機能は使いたいという方のために、本当に使えるWordPressのおすすめプラグインをまとめました。

スポンサーリンク

SEO対策

まずはSEO対策からです。SEO対策と一口に言っても、実際にやらないといけないことはたくさんあります。WordPressでは、様々なSEO対策のための設定をプラグイン1つでできるようになっているため、初心者でも簡単にSEO対策を行うことができるのが嬉しいポイントですね。

All In One SEO Pack

All in One SEO Pack
All In One SEO Packは様々なSEO対策のための設定を1つのプラグインで行うことができる優れたプラグインです。具体的には下記のような設定を行うことが可能です。

  • サイトマップの生成
  • ページ別のタイトルタグ設定
  • ディスクリプションの自動生成
  • Googleアナリティクスのタグ埋め込み
  • noindexやnofollowなどの設定

上記の中でも欠かさずに設定しておきたいのが、サイトマップGoogleアナリティクスの設定です。サイトマップはGoogleなどの検索エンジンがクローリングして検索結果に正しく表示されるようにするためにとても重要であり、Googleアナリティクスはサイトのアクセス解析を行うために欠かせません。

SEOにあまり詳しくない方も、All In One SEO Packを使って簡単にSEO対策のための基本的な設定を行っておきましょう。

アクセス解析、シェアボタン、問い合わせフォーム

Jetpack by WordPress.com

JetpackはWordPressが公式に提供しており、様々な機能を利用することができるため多くの人が使用しているプラグインです。

アクセス解析

Jetpackのツールの中で最も頼りになるのがアクセス解析です。どの記事がどのくらい読まれているか、どのくらいの来訪者がいてページビューはどれくらいなのかなど、簡易的なレポートを表示することが可能です。
「Google Analyticsでいいのでは?」と思うかもしれませんが、Google Analyticsは高機能がゆえに複雑になりすぎているため、シンプルな数字を確認するためにはこのJetpackの方が分かりやすくて便利です。

シェアボタン

FacebookやTwitter,Pocketなどのシェアボタンを記事の下に表示させることができます。特に難しい設定もなく、簡単にシェアボタンを設置することができるので手間をかけずに表示したい場合はおすすめです。

シェアボタンを自作したい場合は、下記の記事を参考に挑戦してみてください。

問い合わせフォーム

自分で作成すると大変な問い合わせフォームですが、Jetpackを使えばこの問い合わせフォームだって数秒で設定できてしまいます。さらに、問い合わせの内容もWordPressの管理画面から確認することができるので、メールをチェックする必要もありません。

パンくずリスト

Breadcrumb NavXT

breadcrumb NavXT

パンくずリストは、ユーザーが今サイトのどこを表示しているのかが分かりやすくなるだけでなく、検索エンジンのクローラーがWebサイトの構造を正しく認識する助けにもなります。パンくずリストをしっかり表示しておけば、検索結果にカテゴリ表示なども追加されるので、忘れずに設置しておくようにしましょう。

スポンサーリンク

リンク切れのチェック

Broken Link Checker

Broken Link Checker
投稿に含まれるリンクが無効になっていないかをチェックしてくれるプラグインです。リンク切れはWebサイトを運営しているとどうしても発生してしまいます。古い記事のリンク切れも、このプラグインを使って定期的にチェックするようにしましょう。

投稿の並び替え

Intuitive Custom Post Order

Intuitive Custom Post Order
WordPressの記事一覧ページはデフォルトで投稿日時の降順に記事が表示されるようになっていますが、このプラグインを使えば自由に変更することが可能です。

関連記事の表示

Similar Posts

similarposts
記事下に関連する記事を表示することができるプラグインです。関連記事を設置することでサイト内回遊を促進することができるので、ページビュー数の増加が期待できます。

目次の表示

Table of Contents Plus

tableofcontentsplus
記事の先頭に目次を表示することができるプラグインです。最初に目次を表示しておくことで、アクセスしたユーザーが記事の概要を把握できるため、ユーザビリティの向上に繋がります。適用するための難しい設定もなく、記事の中でh2タグやh3タグで見出しを作成しておくと自動的に目次として表示してくれます。

ページの高速化

WP Super Cache

WPSuperCache
WordPressのページをキャッシュに保存して、ページの読み込みを高速化させることができるプラグインです。

WordPressは動的にページを生成するため、静的サイトと比べると読み込み時間が長くなってしまいますが、このプラグインを使うとページの内容をキャッシュすることによってページの表示速度を向上させることができます。ページの表示速度はSEOにも影響してくるので、複雑なページの場合は忘れずにこのプラグインを入れておくようにしましょう!

人気記事の表示

WordPress Popular Posts


WP Popular Postは、人気の記事をランキング形式で表示してくれるプラグインです。ランキングは必ず表示しなければならないわけではありませんが、はじめてサイトを訪れた人が別の記事を読んでくれるきっかけとなるので、サイドバーなどに設置しておくといいでしょう。

まとめ

便利なプラグインがたくさんありますが、プラグインをたくさん入れすぎてしまうとサイトが重くなってしまう原因となるので気をつけましょう。

また、色々なプラグインを試しても表示速度が改善しない場合は、テーマやレンタルサーバーが原因の場合があります。ページの表示速度が課題でプラグインで解決しない場合は、テーマやレンタルサーバーを見直してみるのがいいでしょう。

すでに公開しているサイトにいきなり新しいテーマを適用してしまうと表示崩れだったり、エラーが発生してしまう原因となるのでローカル環境で試してからテーマを有効化することをおすすめします。

おすすめの記事