個人でホームページを作るならばWordPressで作成してしまうのが手軽でいいですよね。プラグインを追加すれば、簡単に機能を増やすことだってできてしまいます。

ただ、WordPressのプラグインは種類が多すぎて、どれが本当に使えるプラグインなのかしっかりと調べないと分かりません。そんな人のために、WordPressのプラグインの中から、本当に使えるおすすめのプラグインだけを厳選してまとめました。

スポンサーリンク

SEO対策

All In One SEO Pack

All in One SEO Pack
WordPressのプラグインで外せないものといえばこの「All In One SEO Pack」です。

Googleなどの検索エンジンで上位に表示されるようにするための対策をSEOと言います。このプラグインを使うと、SEOに必要なあらゆる設定をまとめて行うことができてしまいます。

XMLサイトマップやタイトル、ディスクリプション、noindexやnofollowなど、SEO対策に必要な設定をこのプラグイン1つで簡単に設定することができるので、SEOにあまり詳しくない人はとにかくこのプラグインを入れておくことをおすすめします。

アクセス解析、シェアボタン、問い合わせフォーム

Jetpack by WordPress.com

jetpack
Jetpackは様々なツールがまとまっているプラグインです

  • アクセス解析
  • Jetpackのツールの中で最も頼りになるのがアクセス解析です。どの記事がどのくらい読まれているか、どのくらいの来訪者がいてページビューはどれくらいなのかということを、細かく数字で出してくれます。
    「Google Analyticsでいいのでは?」と思うかもしれませんが、Google Analyticsは高機能がゆえに複雑になりすぎているため、シンプルな数字を確認するためにはこのJetpackの方が分かりやすくて便利です。

  • シェアボタン
  • FacebookやTwitter,Pocketなどのシェアボタンを記事の下に表示させることができます。特に難しい設定もなく、表示させたいサービスを選択するだけで表示できてしまうので簡単です!

  • 問い合わせフォーム
  • 自分で作成すると色々と大変な問い合わせフォームですが、Jetpackを使えばこの問い合わせフォームだって数秒で設定できてしまいます。
    さらに、問い合わせの内容もWordPressの管理画面から確認することができるので、メールをチェックする必要もありません。ウェブサイトが大きくなってきたら問い合わせフォームは必ず設置しておくようにしましょう!

パンくずリスト

Breadcrumb NavXT

breadcrumb NavXT
今どのページを見ているのか、サイトのどの場所にいるのかを表示する「パンくずリスト」を表示してくれるプラグインです。

パンくずリストはSEOに効果があるだけではなく、ユーザーにも表示している内容が分かりやすいため、メディアやブログは特に設置したくない理由が無ければ表示させておくようにしましょう!

リンク切れのチェック

Broken Link Checker

Broken Link Checker
WordPressのページに表示されているリンクのリンク切れを自動でチェックしてくれるプラグインです。

リンク切れはウェブサイトを運営しているとどうしても発生してしまいます。古い記事のリンク切れも、このプラグインを使って定期的にチェックするようにしましょう。

投稿の並び替え

Intuitive Custom Post Order

Intuitive Custom Post Order
記事の並び順を自由に変えられるプラグインです。

WordPressはデフォルトで記事が投稿日時順に表示されるようになっています。トップページの印象はアクセスしたユーザーが次のページへ進んでくれるかという所でとても重要となります。

自分の見てもらいたいページを先頭に表示しておくことで、ページビュー数の増加が期待できます!

関連記事の表示

Similar Posts

similarposts
記事の終わりに、似たような記事を表示してくれるプラグインです。

記事を読み終えた人が、次の記事も表示してくれる可能性を上げる事ができるので、このプラグインもページビュー数のアップが期待できます。

目次の表示

Table of Contents Plus

tableofcontentsplus
記事の先頭に目次を表示することができるプラグインです。

最初に目次を表示しておくことで、読んでくれる人がページの内容を簡単に把握できるため、より親切なページへと仕上げることができます。特に難しい設定もなく、h2タグやh3タグで見出しを作成しておくと自動的に目次として表示してくれます。

ページの高速化

WP Super Cache

WPSuperCache
WordPressのページをキャッシュに保存して、ページの読み込みを高速化させることができるプラグインです。

WordPressはPHPによって動的にページを生成するため、静的なページよりも読み込み時間がかかってしまう傾向がありますが、このプラグインを使うと、動的に生成されたページを保存しておき静的なページと同じ程度の速度で表示できるようになります。ページの表示速度はSEOにも影響してくるので、複雑なページの場合は忘れずにこのプラグインを入れておくようにしましょう!

まとめ

WordPressはプラグインを入れなくてもしっかりとしたウェブページを作成することができますが、プラグインを設定することでアクセス数のアップや、ページビューを増加させることができます。
プラグインは数分で設定が完了してしまうものばかりなので、この機会にWordPressのプラグインを見直してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

おすすめの記事