SEO対策については色々な書籍やページで紹介されていますが、SEO対策に必要なツールについては実はあまり知られていない場合が多いです。

SEO対策を行う上でツールやサービスの活用は欠かせません。

今回はSEO対策を行う際に非常に役立つツールやサービスについてまとめました。

スポンサーリンク

Google Analytics(グーグルアナリティクス)


Googleアナリティクスは、言わずと知れたGoogleのアクセス解析ツールです。

サイトのページビュー数、ユーザー数、セッション数の基本的なデータはもちろん、直帰率や離脱率、ランディングページなどSEOを改善するために必要な多様なデータを確認することができます。

サイトを作成したらまずはアナリティクスに登録し、データが取得できることを確認しておきましょう。

公開して間もない頃はあまり利用する機会はないかもしれませんが、1日のページビュー数が100を超えてくるあたりからアナリティクスのデータを確認してみると、ページを改善できるヒントが得られるかもしれません。

Search Console(サーチコンソール)


サーチコンソールもGoogleが提供するサービスで、検索エンジンでの検索ワードや表示回数、クリック回数などを確認することができます。

アクセス解析と言えばアナリティクスを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実はアナリティクスよりもサーチコンソールで確認できる検索ワードや表示回数の方がSEOの改善においては重要です。

自分のサイトがどんな検索ワードでどのような順位なのかを確認することによって、これから作成するページのキーワードを考えることができたり、どのような検索ワードであれば上位表示を狙えるのかが見えてきます。

また、ページの重大なエラーやサイトマップの取得エラーなどもサーチコンソールで確認することができるので、必ず登録しておきましょう。

Gyro-n SEO


Gyro-n SEOは、特定の検索ワードでの検索順位の遷移を確認できる無料サービスです。

狙っているキーワードでの検索順位はサーチコンソールからも確認することができますが、Gyro−n SEOを利用すればより手軽にチェックすることができます。

また、競合比較をすることができ、競合となるWebサイトがその検索順位で何位に表示されているのかを確認することで、必要な対策を考えることが可能です。

無料プランだとキーワードが10個に制限されていて、競合サイトの登録も1つのみとなりますが、有料プランへ移行すると数を増やすことができるので本格的にSEO対策を行いたい人は有料プランがおすすめです。

スポンサーリンク

Similar Web


Similar WebはURLを入力するとそのサイトのおおよそのアクセス数や滞在時間、セッションあたりのページビュー数などを確認できるサービスです。

精度は完璧なものとは言えませんが、通常てにはいらないような競合サイトのアクセス数や検索ワードなどをチェックできるので、とても貴重なデータを得ることができます。

日々確認するようなサービスではありませんが、気になるサイトを見つけたらSimilar Webで確認してみると、ご自身のサイトを改善するためのヒントが得られるかもしれません。

MOZ


MOZはサイトのドメインパワーを確認することができるツールです。

ドメインパワーとは、その名の通りドメインの強さのことで、これが高いほど検索順位で上位に表示されやすくなります。

ドメインを取得してからの日数なども評価に含まれるので自分でドメインパワーを高めるのには限界がありますが、対策を取ることで高めることができます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

MOZの公式サイトはこちら

まとめ

SEO対策はツールの活用も欠かせませんが、それ以前にしっかりとしたSEO対策の知識を身につけておく必要があります。

最新のSEO対策に関する知識は、しっかりとチェックしておくようにしましょう。

SEO対策のためのツールを活用して、より多くの人にアクセスされるWebサイトを目指してみてください。

おすすめの記事