2019年のロゴデザインのトレンドを予測する上では、グラフィックデザインのトレンドがとても参考になります。

しかし、デザインのトレンドが毎年変化する中、ブランドのロゴのデザインは一般的に毎年更新されるものではありません。そのため、長期間トレンドとなっているグラフィックデザインの手法がロゴデザインのトレンドにおいて大きな影響を与えると考えられます。

ブランドの中には、10年以上ロゴデザインを変更しないものもあります。しかし、流行に乗ったブランドやサービスであるという印象を与えるためには、もっと頻繁にロゴをアップデートするべきです。

ロゴデザインのアップデートといっても、大幅に変更する必要はなく、「今っぽさ」を出して時代に乗り遅れているような印象を与えないための最小の変更でも構いません。

ロゴデザインは、イラストなどのイメージがメインの「ロゴマーク」とテキストがメインの「ロゴタイプ」2つに分けられます。あなたのブランドのロゴの種類が両方あるか、片方しか無いかは関係なく、しっかりとトレンドを押さえたロゴデザインにすることが重要です。

では、2019年のロゴデザインのトレンドを見ていきましょう!

この記事は、GraphicMamaによって公開された「Top Logo Design Trends for 2019: The Brands’ New Looks」を許可をいただいて翻訳転載したものです。

鮮やかな配色

鮮やかな配色はここ数年間のグラフィックデザインのトレンドにおいて、常に存在感を示し続けています

長い間人気のデザインスタイルなので、2019年のロゴデザインのトレンドには当然入ってくるでしょう。実際に、鮮やかな色の組み合わせを取り入れたロゴデザインはすでに多く登場しています。

下記の例を見てみてください。

鮮やかな配色はどのようなブランドでも取り入れやすく、さらに、鮮やかな配色はロゴデザインが与える感情的なイメージを高めるという効果があります。

他のロゴデザインのトレンドと組み合わせても使いやすく、鮮やかな配色のロゴデザインは2019年のトレンドにおいて間違いなく重要な要素の1つです。

ビジネスの世界ではフラットなデザインのロゴが好まれますが、カラフルな3Dのロゴデザインも2019年は注目されています。もし機会があれば、挑戦してみてはいかがですか?

グラデーション

Instagramがロゴデザインを2年前に変更した時のことを思い出してみてください。多くのデザイナーが「本当に?こんな古めかしいグラデーションを使うの?」と言っていました。

しかし、その後グラデーションはデザインの中心的なトレンドの1つとなり、Instagramは流行の最先端を歩んでいたということが分かりました。そして、現在では様々なデザイナーがグラデーションを好んで使用しています。

グラデーションは、グラフィックデザインにおいて安定した人気を誇るスタイルであり、今後数年間は続くと見られています。ロゴデザインにおいても同様にグラデーションを使ったデザインのトレンドは長く続くでしょう。

メタリックなスタイルのロゴデザイン

メタリックなスタイルはロゴデザインの新しい形ではありませんが、2019年は注目すべき手法です。ジュエリーのブランドに限らず、様々なブランドやサービスのロゴデザインに活用することができます。

メタリックなロゴデザインは、高級なイメージを生むことが特徴として挙げられますが、実はもっと重要な意味を持っています。光沢のある金属の質感は、シンプルなロゴデザインが多く並ぶ中で、非常に目立つデザインであり、存在感を示します。これこそがロゴデザインの大きな目的のひとつなのではないでしょうか?

幾何学図形を使ったロゴデザイン

幾何学図形はロゴデザインと非常に相性の良いアイデアです。2019年には幾何学図形を使ったロゴデザインを多く見かけることになるでしょう。

ロゴに使われている要素の1つ1つが意味を持っています。例えば、「円系」は永遠や完璧さを意味したり、「正方形」は安定性などを意味するなど、それぞれの図形や要素がその特徴に合わせたイメージを伝える役目を果たしています。

幾何学図形は複雑な情報をシンプルにまとめられるという大きな特徴があります。ロゴは用途によって様々なサイズで使われるので、小さく表示された時にもロゴとして認識できる必要があります。サイズがが変わっても読みやすい幾何学図形を使ったロゴデザインは、その点において非常に優れています。

フラットなスタイルのロゴデザインでも3Dを使ったロゴデザインでも、幾何学図形はブランドの価値観やコンセプトを上品で概念的な形で伝えることができます。

下記の幾何学図形を使った素晴らしいロゴデザインの例を見てみてください。

ミニマルなイラストを使ったロゴデザイン

ミニマルデザインはシンプルで、同時に印象深いデザインに仕上げることができ、ロゴデザインにおいても長い間人気を誇るデザイン手法です。

ミニマルデザインで作られたロゴは様々なサイズで美しく見せることができ、ビジネスの観点で好まれていますが、もっと重要なことはシンプルなデザインであるため広告やポスター、Webサイトなど色々な用途での使い勝手が優れているという点です。

ミニマリズムを取り入れたロゴデザインは、幾何学的なロゴのデザインと調和を取りやすいという特徴もあります。ミニマリズムと幾何学要素を組み合わせることによって、シンプルで上品で知的なイメージのロゴを作り上げることができます。

ミニマルなタイポグラフィを使ったロゴデザイン

2019年は幾何学図形やイラスト風のロゴ、白黒やカラフルなミニマリズムを取り入れたロゴデザインを目にすることでしょう。

ミニマリズムなスタイルのロゴデザインは、タイポグラフィを使ってデザインされることが多いです。クリエイティブでミニマリズムを取り入れているロゴタイプは、ブランドの名前から1文字か2文字を使ってデザインされることが多いですね。

シンプルなロゴタイプには、名刺やパンフレット、看板などのマーケティング用素材として使われたり、ロゴ自身が単独で使われたりもします。下記のに参考例をご紹介します。

クリエイティブなロゴタイプ

ロゴマークとセットで使われる場合も、そうでない場合も、クリエイティブなロゴタイプは間違いなく2019年のロゴデザインのトレンドになるでしょう。

ロゴタイプを作成する場合は、ブランドの名前をクリエイティブかつユニークな形でデザインする場合が多いです。下記のその例をご紹介します。

テキストの代わりにイラストを使ったロゴデザイン

クリエイティブなロゴタイプは、テキストの一部をイラストで表現しているものがよく見かけられます。もちろん、元のテキストが何であるかイメージできるように、そして意味のあるイラストを使わなければなりません。

下記にテキストの一部にイラストを使ったロゴデザインの参考例をご紹介します。

アーティスティックなロゴデザイン

デザイナーにとって、芸術的センスを思いっきり表現することができるロゴデザインの依頼を受けることは非常に嬉しいことです。

幸いにも、2019年のロゴデザインのトレンドにおいてはアーティスティックなイメージのロゴデザインや、ロゴを使ったイラストデザインが注目を集めることになりそうです。

アーティスティックなロゴやロゴを使ったイラストデザインを作成する場合には、いくつかの守らなければならないルールがあります。

まず1つ目に、ロゴは小さくても大きくても読みやすいようにしなければなりません。2つ目に、色に制約が付けられる場合があります。色の選択はとても重要で、それによってロゴが与える印象が大きく変わります。そして3つ目に、ブランドの頭文字を取り入れたり、決められた色を使ったり、特定のスタイルを使用するなど、ブランドごとに異なる要求に応えなければなりません。

まとめ

2019年はロゴデザインにとってとても楽しみな1年になりそうです。

ロゴデザインという分野はグラフィックデザインと密接に結びつく分野で、グラフィックデザインを知ることによってロゴデザインのトレンドを知ることの助けになります。

また、Webデザインにも少なからず影響を与えています。鮮やかな配色やグラデーションは特定の分野に限らず幅広い範囲で見られるデザインのトレンドですね。

2019年のトレンドをしっかりと押さえて、ロゴデザインに役立ててみてください!

GraphicMama

A growing source of high-quality vector graphic illustrations you wouldn’t find anywhere else on the web! Behind GraphicMama stands a talented team of illustrators, designers, marketers, and coders who work hard to make GraphicMama one of the most reliable sources of vector graphics on the web.

おすすめの記事