世界的に有名なプロトタイピングツールを提供する「InVision」から、デザインツール「InVision Studio」が2018年1月にリリースされることが発表されました。なんといっても注目のポイントはその機能!

InVision Studioがどういった点で優れたデザインツールなのか、衝撃の機能をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

InVision Studioとは

InVision Studioは、プロトタイピングツールで有名な「InVision」が発表したデザインツールです。リリースは2018年1月を予定していますが、すでに機能や特徴の紹介ムービーが公開されており、その機能に世界中のデザイナーが驚きの声をあげています。

デザインツールとしてのクオリティはもちろん、プロダクト紹介ページもとても良くできているので、ぜひ一度Webサイトを見てみてください。

InVision Studioの特徴

InVision Studioが最強のデザインツールだと言える理由はどこにあるのか、現時点で公開されている機能や特徴をご紹介していきます!

レスポンシブデザイン

横方向のレスポンシブデザインはもちろん、縦に並んだ要素もそれぞれのサイズを変更することで位置が移動するようになっているようです。今後のデザインは、デザインツールで作成するタイミングからレスポンシブを取り入れるのが一般的になりそうですね。

デザインの再利用

Sketchのシンボルやライブラリと同様の機能が、InVision Studioでも利用することができます。元となるデザインを変更することで、そのデザインが使われているすべての箇所に変更が反映されます。発表のタイミングから細かい機能までしっかりと作り込まれていて、デザインツールとしてのクオリティの高さが伺えます。

プロトタイプの作成

InVisionの本業はプロトタイピングツールです。そのノウハウを最大限に活かし、InVision Studio上でUIデザインの作成からプロトタイプの作成まで一貫して行うことができます。作成したデザインの画面遷移を設計し、再生ボタンをクリックすればすぐに画面上で動きを確認することが可能です。プロトタイピングツール「InVision」でできることは、InVision Studio上でも同じように行えるようになるみたいですね。

アニメーション

ProtopieやFramerといった、アニメーションに特化したプロトタイピングツールで行っていたような、アニメーションの作成をInVision Studio上で行えます。

リアルタイムでのフィードバック

InVisionの特徴である、リアルタイムで行えるフィードバックはInVision Studioで作成したデザインにも同様に利用することができます。同じ画面を見ながら、みんなが一斉にフィードバックをするため、短時間で内容の濃いフィードバックを行うことができます。

実装用のコードが出力可能

紹介動画では、作成したデザインからSwiftでiOSアプリを実装するためのプログラムコードをコピーする様子が紹介されています。もうアプリやWebサイトの開発における見た目の部分の実装は、デザインツールで済ませてしまうような時代がすぐそこまで来ているかもしれませんね。

MacとWindowsどちらでも使える

Sketchは優れたUIデザインツールですが、Windowsで使うことができないという大きな欠点があります。しかし、InVision Studioはリリース時からどちらのデバイスでも使えるようになる見込みです。これまでUIデザインツールはSketch一択の時代が長らく続いていたので、Windowsユーザーにとっては大きな衝撃となるでしょう。

全体の評価

最強のデザインツール

SketchやAdobe XDのようなUIデザインの作りやすさ、InVisionやProttのような画面遷移確認のためのプロトタイプ作成、ProtopieやFramerのようなアニメーションや動きの作成の作成など、あらゆる特徴が最高レベルのツールになると見られています。2018年1月にInVision Studioがリリースされれば、Sketchが独壇場を築いているUIデザインツールのシェアを一気にひっくり返すかもしれません。

スポンサーリンク

先行事前登録を受付中

InVision Studioの公式サイトでは、先行事前登録を受付中です。登録することにより、リリース前に利用することができたり、リリースの通知を受け取ることができるとのことです。これだけ優れたデザインツールであれば、1日でも早く触ってみたいですよね!そんな方はすぐに事前登録を済ませておきましょう!

まとめ

今週はAdobe XDが正式リリースされたというニュースで話題になっていましたが、InVision Studioの発表はそれを遥かに上回る衝撃となりました。

UIデザインツールの主要なプレイヤーは、Sketch、Adobe XD、InVision Studio、STUDIOと、一通り出揃ったような印象を受けます。これらのツールがシェアを奪い合うことになるのか、もしくはどれかのツールがシェアを独占することになるのか、今後の動きから目が離せません!

おすすめの記事