デザインを作る時に、いいアイデアが浮かばなかったり、作っても納得いかなかったりしたことは誰もが経験したことがあると思います。

優れたデザインのアイデアというのは簡単に思いつくわけではありませんが、アイデアを発想しやすい状況を作っておくことはできます。今回は、優れたデザインのアイデアを発想するために普段からやっておいた方がいいことをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

普段から色々なデザインに触れる


デザイナーとして働いている人は当然行っていると思いますが、普段から色々なデザインに触れることがとても重要です。例えばWebデザインを行う人であれば、優れたデザインのWebサイトがあればチェックしたり、今流行しているのデザインはどんなデザインなのかなどを知っておく必要があります。

Webデザインであれば、ギャラリーサイトにデザインが優れたWebサイトがまとまっています。それらに目を通すだけでも、様々なテイストのWebデザインに触れることができます。ギャラリーサイトは定期的にチェックするようにしましょう。

気になったデザインは保存する


優れたデザインに日頃から触れていても、それが頭から抜けてしまったら意味がありません。優れたデザインのアイデアを見つけたら、それをしっかりと自分の中にアイデアとして定着させる必要があります。

そのためには、気になるサイトや、参考にしたいデザインを見つけた時にそれを保存しておく癖をつけるようにしましょう。Pinterestを使えばWeb上の画像でも簡単に残しておくことができますし、Pocketを利用すれば気になったページだけ集めておくこともできます。

気になるデザインのアイデアだけを集めていくと、自分だけのデザイン集、アイデア集ができます。デザイン制作に行き詰まった時にそれを見てみると、いいアイデアが思いつくことも多いですよ。

定期的に保存したデザインに目を通す


自分だけのデザイン集が作れたら、次は定期的に目を通すようにしましょう。せっかく保存してあっても、それらのアイデアが定着しなければ、自分のデザイン制作に活かすことはできません。

時にはあまり好みじゃないデザインや、自分で作るのは想像のできないようなデザインであっても、何か引っかかったものは保存しておくと後で役に立ちます。似たようなデザインばかりに触れていると、どうしてもデザインに偏りができてしまいます。幅広いデザインに触れることで、自分の中のデザインのアイデアも広がります。

スポンサーリンク

アイデア収集に使えるツール

色々なデザインを思いつけるようになるためにはアイデアを溜めておくことが大事だということで、アイデアを収集するために使えるツールをまとめてみました。おそらく多くがご存知のサービスだと思いますが、使っていない人はアイデア収集に役立ててみてください。

Pinterest


Pinterestは「ボード」と呼ばれる場所にWeb上の画像や動画をピン(保存)することができます。Chromeなどの拡張機能を追加しておくと、気に入った画像やイラストを見つけたらボタンで簡単に自分のボードに追加することができます。

いちいち保存するのは手間だと思うかもしれませんが、アイデアを溜めておくことはデザインを行う上で非常に重要です。色々なデザイナーの人に話を聞いてみると、「Pinterestを眺めているだけで幸せになれる」という人もいたりして、スクラップのように自分の好みのデザインを集めるのも結構楽しいですよ。

Feedly


FeedlyはRSSフィードを読むことができるサービスです。Feedlyはデザインに関するメディアやブログなど、定期的にチェックしたいWebサイトを見つけた時に登録しておくと、わざわざそのWebサイトにアクセスしなくても最新の記事をチェックすることができるようになります。Webデザインはトレンドの移り変わりも早いので、最新情報を常に気にしておくことが大事ですね。

Pocket


Pocketは気に入ったページを保存しておくことができるサービスです。PCはもちろん、スマホからもPocketに簡単に追加できるので、デザインが気に入ったページを見つけた時にPocketで保存しておくと、後から簡単に見返すことができます。

Google Keep


Google KeepはGoogleが提供するメモ帳のようなサービスです。画像やURL、テキストなどなんでもメモしておくことができるので、コメントと一緒にページのURLを保存したり、画像を保存しておいたりなど一箇所でまとめて管理することができます。Google Keepもアプリを入れておけばスマホから簡単にチェックすることができます。

Evernote


Evernoteも有名なメモ帳のサービスですね。Google Keepと比べると、長いテキストを保存したりチームで共有したりなど、しっかりと情報管理を行いたいような場合におすすめです。

まとめ

様々なデザインを発想できるようになるにはアイデアを溜めておくことが必要だということをご説明しましたが、ずっと考えているだけではあまり意味がありません。実際に手を動かしてデザインを作成してみることで、新しい発見や成長へと繋がることが多いです。これからWebデザイナーを目指すという人は、まず色々なデザインを作ってみてください。WebデザイナーになりたいのであればWebサイトをまず1つ作ってみてください。

センスが無いからデザインは苦手だという人がたまにいますが、そういう人のほとんどは実際にデザインを作って勉強した事がありません。デザインはしっかりと勉強すれば誰でも上達することができます。その上で、アイデアを元にデザインの発想力を鍛えることで、優れたデザインを作れるようになります。ぜひ実践してみてください!

おすすめの記事