コンテンツマーケティングという言葉を聞いたことはありますか?古くから存在しているマーケティングの手法ですが、スマホ端末の普及やSNSの人気などが影響し、改めて最近その効果が注目されています。

今回は、コンテンツマーケティングの基本的な考え方から、実際にコンテンツマーケティングを行う際のポイントなどをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

コンテンツマーケティングとは

コンティンツマーケティングとは、「価値ある情報をユーザーに提供することによって、サービスや商品に対するロイヤリティを高め、購買行動へと繋げる」ことを目的とした、マーケティングの手法です。日本では特に最近注目され始めたワードであり、今では色々な著書や記事を見かけるようになりました。

コンテンツマーケティングは、色々な場面で活用することができますが、特にWebとの相性がいいです。例えば、Adobeもブログに最新情報や面白い記事をアップしたり、他にも色々な企業やサービスが自身のWebサイト上で記事や情報を公開しています。これらはすべて、コンテンツマーケティングを活用している事例です。

実は、意図せずともコンテンツマーケティングを行っている場合はたくさんあります。しかし、それではコンテンツマーケティングの長所を最大限に活かすことができません。

しっかりと、知識や使い方を理解した上でコンテンツマーケティングを行うことで大きな効果を発揮します

コンテンツマーケティングのポイント


では、コンテンツマーケティングを行う上で注意したいポイントをご紹介していきたいと思います。

ユーザーにとって価値のあるものでないと意味がない

コンテンツマーケティングはユーザーに価値あるコンテンツを提供することによって集客する手法です。作成したコンテンツがユーザーにとって全く価値の無いものだったり魅力的なものでなかった場合、そもそもコンテンツにユーザーが集まってきてくれません。

コンテンツマーケティングは、コンテンツを使って人を集めることによって、最終的なエンゲージメントへと繋げることを目的とした手法なので、コンテンツ自身の価値や魅力が非常に重要となります。

コンテンツを作る際は、ユーザーがどんな情報を求めているのか、どんなことに興味を持っているかなどを考えて作成するようにしましょう。

エンゲージメントから離れすぎない

コンテンツマーケティングの目的は、あくまでも最終的なエンゲージメントです。作成するコンテンツがエンゲージメントと関係のないコンテンツになってしまうと、いくら集客をしてもエンゲージメントにつなげることができません

エンゲージメントとするものを最初に決めたら、その周辺でユーザーに興味を持ってもらえるコンテンツがどんなコンテンツなのかを考え、作成するようにしましょう。さらに効果を発揮するために、コンテンツを作成する際にはターゲットを絞ることが重要になります。

ターゲットを絞る

すべてのユーザーをターゲットにして、たくさんの人を集客しようと思っても、興味のあるものや求めているものは人それぞれなので、どの人にも興味を持ってもらうことができない可能性があります。

そこで、コンテンツマーケティングを行う際にはターゲットを明確にすることを初めに行います。

年齢、性別、職業、趣味など、できるだけターゲットを具体的にイメージしてください。この具体的なターゲット層のことを、ペルソナと言います。

ペルソナをイメージしながらコンテンツを作成することによって、ターゲットとなる人たちの範囲は狭まるかもしれませんが、ターゲット層となる人たちにとってはとても魅力的なコンテンツを作成することができるので、そこでのコンバージョン率は向上します。

有料会員登録や、実店舗への来店など、最終的なエンゲージメントのハードルが高ければ高いほど、より具体的なペルソナを作ることで効果を発揮します。

あなたが集客したいと思っているユーザーのイメージを具体的にペルソナに落とし込み、コンテンツを作成するようにしてみましょう。

ユーザーを育てる

「育てる」というと少し言葉が悪いかもしれませんが、コンテンツを通してユーザーの興味や知識を増やすことによって、最終的なエンゲージメントへと繋がる数が増加してきます。

例えばコーヒー豆を販売したい場合、コーヒーに興味のない人はまず購入してくれないでしょう。そこで、まずはユーザーに興味を持ってもらう所からスタートします。

コーヒーの美味しい飲み方や、健康への効果などをユーザーに知ってもらうことによって、「ちょっと試してみようかな」という気になってもらうことができます。

さらに、産地別のコーヒー豆の特徴や、淹れ方による味の違いなどを紹介することによって、ユーザーの知識が増え、ロイヤリティが高まるにつれて、さらに購入へと繋がる数が増やすことができます。

コンテンツマーケティングを行う際は、ユーザーを育てるという視点で行ってみると、いい結果が得られることが多くなります。

コンテンツマーケティングのメリット

次にコンテンツマーケティングにはどういったメリットがあるのかをご紹介したいと思います

費用を抑えることができる

集客の方法と言われたら、まず広告を思いつく方が多いのではないでしょうか。たしかに広告は強力な方法で、上手く活用することによって多くの集客に繋げることが可能ですが、広告を出すためにはそれなりのお金が必要になってしまいます。

コンテンツマーケティングの場合は、コンテンツの作成に費用はかかるものの、一度作成したコンテンツはほぼ費用をかけずに集客へと役立てることができます

また、コンテンツをしっかりと考えて戦略的に作成することができれば、少ないコンテンツでもたくさんの人を集客することができるため、効率よく集客へと繋げることが可能となります。

作成したコンテンツは財産になる

Webサイトやブログなどのコンテンツは、Web上の不動産と呼ばれているように、一度作成してしまえば、それはその人の財産となります

作成したコンテンツは長期的に集客に役立てる事が可能で、そこに必要なランニングコストは他の方法と比べるととても小さく抑えることが可能です。

広告は予算が消化したら掲載が終了してしまいますが、コンテンツマーケティングで作成したコンテンツは、Web上でアクセスされている限り集客に役立てることができます。

コンテンツを作成するのに時間がかかるかもしれませんが、長期的に集客数を増やしたいという場合にはコンテンツマーケティングはとてもおすすめできますね。

まとめ

コンテンツマーケティングは、最近改めて注目を集めていることから、大きな効果を発揮することができる可能性があることがわかります。

最初は知識が少ないため、効率が悪く、手間もかかるかもしれませんが、コンテンツマーケティングを使いこなせるようになると非常に効率よく集客を増やしたりエンゲージメントを増加させることが可能です。

特にECサイトや、Webサービスの会員登録などは、同じWebという環境でマーケティングを行うことができるので、実店舗のようなリアルな世界と比べると特に大きな効果を発揮することができます。

Web上でコンテンツマーケティングを効果的に行うためには、ユーザーの興味を引くコンテンツの作り方を学ばなければならないのはもちろん、SEOの知識など広い知識が必要となります。

しっかりと戦略立ててコンテンツマーケティングを実践し、売上げアップや会員獲得に活かしてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事