WordPressでWebサイトを作ろう!と思った時、最初に悩むのが「レンタルサーバー」です。

色々なサービスがあって、さらに難しい説明も多いため、どれを選べばいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、WordPressでWebサイトを作る時におすすめのレンタルサーバーサービスをご紹介したいと思います。

WordPressサイトにはレンタルサーバーが必要

WordPressでWebサイトを公開するためには、レンタルサーバーが必要です。

Webサイトを公開するためには、「サーバー」が必要となりますが、サーバー機器は高価でメンテナンスにも手間がかかるため、基本的にどのサイトも「レンタルサーバー」を利用してWebサイトを公開しています。

レンタルサーバーを提供するサービスはいくつかありますが、ものによっては速度が遅かったり、動作が不安定だったりと、正直使えないものも色々あります。

また、一度サイトを公開してしまうとレンタルサーバーを乗り換えるのは面倒なので、最初のレンタルサーバー選びが肝心です。

これからレンタルサーバーに登録するという方は、下記にご紹介するレンタルサーバーがおすすめです。

WordPressにおすすめのレンタルサーバー

第1位:エックスサーバー

エックスサーバーは、低コストで高機能のレンタルサーバーを利用できる人気のレンタルサーバーサービスです。

たった月額980円で、月間アクセス数が数十万規模のサイトでも運営することができ、個人がWebサイトを作る場合はエックスサーバーが一番おすすめです。

エックスサーバーがおすすめできる理由には、下記のようなものがあります。

  • 月額1,000円程度で利用できる
  • WordPressサイトのページ読み込み速度も高速
  • WordPressのインストールが簡単
  • 初心者でも扱いやすい
  • 国内シェアナンバーワン

エックスサーバーを使ってWordPressのサイトを作る場合、いくつかの設定項目を入力するだけでWordPressを自動インストールしてくれるため、レンタルサーバーに登録してからWordPressのサイトを立ち上げるまでほとんど手間がかからず、初心者でも簡単にWordPressのサイトを作ることができます。

なんといっても国内シェアナンバーワンなので、迷ったらエックスサーバーという形で大丈夫です。

エックスサーバーの料金プラン

エックスサーバーは、X10、X20、X30の3つのプランがありますが、それぞれの違いは下記の通りです。

プラン X10 X20 X30
初期費用 3000円(税抜) 3000円(税抜) 3000円(税抜)
月額費用 900円〜(税抜) 1800円〜(税抜) 3600円〜(税抜)
転送量目安 150GB/日 180GB/日 300GB/日
ディスク容量 200GB 300GB 400GB
無料SSL
MySQL 50個 70個 70個
マルチドメイン 無制限 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限 無制限
メールサポート
電話サポート

これからエックスサーバーでWordPressのサイトを作るという方はX10プランを選ぶようにすればいいでしょう。

転送量目安や、ディスク容量が少し違う程度で、その他はほとんど変わりません。また、転送量目安とディスク容量もX10プランでほとんどの場合十分なので、まずはX10プランに登録して、サイトの規模が大きくなってきたらX20、X30プランへの乗り換えを検討する形が良いと思います。

また、エックスサーバーを使ってWordPressのサイトを公開する詳しい手順は下記のページでご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

第2位:mixhost

mixhostは、エックスサーバーよりも後出の新しいレンタルサーバーサービスです。

「LiteSpeed」と呼ばれる新しいソフトウェアが使われており、それによってWebサイトの高速化が実現されています。

さらに、「WordPressクイックスタート」という機能を使えば、あっという間にWordPressをインストールすることが可能です。

mixhostの料金プラン

mixhostの料金プランは下記のとおりです。

月額 1,380円(3ヶ月契約)
初期費用 無料
ディスク容量 250GB
転送量目安 4.5TB/月

転送量目安は、エックスサーバーのX10プランと同等で、月額費用はmixhostの方が少し高めです。

エックスサーバーと比較すると、そこまで大きな違いはなく、あえてmixhostを選ぶ理由はないかなというかんじです。

ただ、エックスサーバーと違ってバックアップの復元が無料というのはmixhostを選ぶメリットの1つかもしれません。

第3位:カラフルボックス

カラフルボックスも、mixhostと同様に比較的最近できたレンタルサーバーサービスです。

こちらも、「WordPress自動インストール機能」が用意されており、WordPressのインストールや初期設定などを自動で行ってくれるため、初心者にもおすすめです。

カラフルボックスの料金プラン

カラフルボックスの料金プランは全部で8個ありますが、個人の方に人気のプランはBOX1、BOX2の2つです。それぞれの違いは下記の通りです。

BOX1 BOX2
初期費用 0円
※1ヶ月プランは2,000円
月額費用 480円 〜 720円 880円 〜 1,320円
ディスク容量 100GB 300GB
転送量目安 1TB/月 3TB/月
メモリ 1GB 4GB

BOX1は1ヶ月契約で月720円、36ヶ月契約だと月480円と、エックスサーバーやmixhostよりも安い点が特徴ですが、メモリが1GBしかないのであまりおすすめできません。

BOX2はエックスサーバーのX10プランや、mixhostのスタンダードプランと同じ価格帯のプランですね。個人の方に選ばれるプランとしては、BOX2が一番人気のようです。

ただ、こちらもmixhostと同様にエックスサーバーではなくカラフルボックスを選ぶメリットはあまりないというのが正直な所です。

新しい技術を使ったレンタルサーバーを使いたい!という方はカラフルボックスを使ってみても良さそうですね。

また、過去14日分の自動バックアップや、バックアップ先の地域を設定できる点などはカラフルボックスのメリットと言えるでしょう。

ページ読み込み速度が最も早いのは?

ページの読み込み速度はレンタルサーバーを選ぶ上で重要なポイントとなりますが、上記3つのレンタルサーバーであれば、ほとんど違いはありません

mixhostとカラフルボックスは「LiteSpeed」というソフトウェアを使っているため速いと言われることも多いですが、エックスサーバーもXアクセラレータという仕組みを使うことで同等のページ読み込み速度が実現されています。

そのため、今回ご紹介したレンタルサーバーサービスの中から選ぶのであれば、ページの読み込み速度はそこまで気にしなくていいでしょう。

サイトの表示速度が遅いのはテーマやプラグインが原因かも?

サイトの表示速度に悩んでいる方は、もしかしたらレンタルサーバーではなくWordPressのテーマやプラグインが原因でページ読み込み速度が遅くなっている可能性があります。

色々なテーマがありますが、ページ読み込み速度が高速だったり、プラグインを追加しなくても十分な機能を利用できるため、SEO最適化されたテーマがおすすめです。

また、プラグインも必要なものだけインストールするようにして、なるべくプラグインの数を増やしすぎないようにしましょう。

迷ったら「エックスサーバー」を選ぼう

今回3つのレンタルサーバーサービスをご紹介しましたが、初心者の方やどのレンタルサーバーにすればいいのか分からないという方は「エックスサーバー」を選んでおけば間違いないと思います。

当サイトもエックスサーバーを使って運営していて、サイトの表示速度や機能面で困ったことは特にありません。

特に、初心者の方はWeb上でたくさん情報が公開されているエックスサーバーであれば、困った時の解決法を見つけやすく、安心して利用できるでしょう。

おすすめの記事