あなたのサイトを間違ったSEO対策を行っていませんか?

Webサイトのアクセス数を増やすためにSEO対策を行うことは非常に重要ですが、SEO初心者の人は間違ったSEO対策を行ってしまうことがよくあります。

ネットに出回っている情報を鵜呑みにしてはいけません。もしあなたのサイトが間違ったSEO対策を行っていれば、しっかりと正しいSEO対策を身につけることでアクセス数を増やすことができるかもしれません。

スポンサーリンク

とにかく記事数を増やす

archives
「とりあえず100記事以上書く!」みたいなことを鵜呑みにして記事を量産してしまう人がいます。

それぞれの記事の内容がしっかりしていれば問題ありませんが、ただ記事を量産するだけでは検索結果の上位に表示させることはできません

むしろ、内容の薄いページが乱立することでGoogleからの評価が下がってしまう場合すらあります

ウェブサイトを立ち上げて間もない頃は、記事数を増やすことももちろん大事ですが、それぞれのページがユーザーのニーズを満たしているか、ユーザーの期待に応えられているかを気にするようにしてください。

文字数は1000文字以上

text
よく文字数は1000文字以上というボーダーラインを目にすることがあります。

確かに間違いではありませんが、検索結果で上位に並んでいるページの多くが5000文字以上のページです。

Googleはユーザーにとって分かりやすいページを上位に表示するようなアルゴリズムを採用していますが、本当にしっかりと説明するためには、1000文字では足りないはずです。

これまでブログやメディアの運営をしたことがある人なら分かると思いますが、頑張って1000文字に届くように書いた記事ではアクセスが全然集まりません。

逆に、書きたいことがありすぎて気づいたら数千文字になってしまっていたような記事にアクセスが集まっている場合が多いと思います。

1000文字書けたらすぐに公開してしまうのではなく、公開する前に記事の内容をしっかりと吟味して、不足している情報はないか、ユーザーにとって有益な内容はもう全部書いたのかをもう一度考えてみてください

キーワードを絞りすぎている

keyword
検索結果の上位に表示させるために、キーワードを1つに決めてから記事を作成することはSEOの基本ですが、そのキーワードを絞りすぎていて、ページの内容が薄くなってしまっていることがあります。

キーワードを絞って全然内容が書けなくなる場合は、キーワード選定が間違っています

キーワードを決めたら、まずはそのキーワードでどんな内容の記事が書けるのか、見出しを考えてみましょう。見出しがしっかりしているか、その見出してきちんとした内容が書けるかを考えてから記事の内容を書くような習慣を身につけると、自然と検索上位に表示される記事が書けるようになります。

キーワードはしっかりとした内容を書けるものを選んで、記事を書くようにしましょう。

スポンサーリンク

サテライトサイトを作る

satelite
SEOには被リンクが有効なので、サテライトサイトを作って外部からの被リンクを増やしましょうという説明は見たことがあると思います。

確かにサテライトサイトを作って外部からの被リンクを張ることはは有効ですが、効果を出すためにはサテライトサイトもしっかりと作り込まなければなりません

ぱぱっと作った数記事だけのサイトからリンクを張ってもSEOにはほとんど効果がありません。

効果を出すためにはサテライトサイトもしっかりと作り込む必要がありますが、そのレベルまでサイトを仕上げるにはそれなりの労力が必要になります。

サテライトサイトに時間を使うくらいであれば、メインのウェブサイトのコンテンツを増やしていく方が間違いなく効果を発揮します。

ある程度アクセス数が集まってきた段階でサテライトサイトを作ることは正しいと思いますが、ウェブサイトを作ってすぐの頃はメインのサイトの更新に注力して下さい。

SEO対策についてもっと知りたい人は

こちらの記事にSEOについて詳しくご紹介しています。ぜひチェックしてみてください!

2017年もSEOに強いWebサイトを作るために押さえておきたい21の基本

まとめ

SEO対策のコツはすぐに掴むことができません。いろいろな方法を試していくことで、有効なSEO対策を身につけていくことができます。

SEO対策は人それぞれの方法があり、正解も1つではありません。アルゴリズムの改変などによってSEOの手法にも流行があり、常に最新の情報を集めておく必要があります。

色々な方法がありますが、基本となるのは「ユーザーファースト」の考え方であり、アクセスした人にとって有益なページが検索結果の上位に表示されるようになります。

SEO対策のテクニックを勉強することよりも、まずはウェブサイト自体が価値ある存在になるように、コンテンツをしっかりと作り込んでみてください。

おすすめの記事