Web業界やIT企業で働いている人は、最新のトレンドや業界の情報など、最新の情報を日々チェックしておくことが重要です。

しかし、色々なメディアをチェックしていると多くの時間がかかってしまい、毎日行うとなると大変な作業になってしまいます。

そこで、そんな方にぴったりの、FeedlyとPocketを利用した効率的かつ完璧な情報収集の方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Feedlyとは


多くのサイトが、新着情報をチェックしてもらうためにRSS配信を行っています。

Feedlyは、RSS配信で流れてくる情報をチェックするためのRSSリーダーです。

Feedlyを使うと、様々なサイトの新着情報をFeedlyのサイト上で一括で管理できるので、多くのメディアを短時間で効率よくチェックすることができます。

AndroidやiPhoneのアプリも公開されているので、登録したら忘れずにインストールしておきましょう。

Pocketとは


Pocketは、オンライン上で記事を保存することができるサービスです。

パソコンからはWebサイトで、AndroidやiPhoneなどのスマホから利用する場合はアプリが公開されています。

ブラウザのブックマークを利用する場合、パソコンとスマホで異なるブラウザやアカウントを利用している場合は、ブックマークを共有することができません。

しかしPocketを利用すると、パソコンとスマホで保存した記事を連携させることができます。

スマホで気になった記事をPocketに保存しておき、時間があるときにパソコンでチェックするような場合にはPocketが大活躍します。

まずはFeedlyにメディアを追加する

まずは、チェックしたいメディアをどんどんFeedlyに登録しましょう。

パソコンからFeedlyにサイトを追加する

メディアにFeedlyに登録するためのSNSボタンが設置されていれば簡単にサイトを登録できますが、FeedlyのボタンはないけどRSS配信は行っているというケースもあります。

そんなときに活躍するのが、RSS Subscription Extension, ReaderというChromeの拡張機能です。

RSS Subscription Extension, Reader

この拡張機能を使うと、Chromeの右上にRSSのアイコンが表示されるようになり、RSS配信を行っているメディアを表示中にそのアイコンをクリックすると簡単にFeedlyにメディアを登録できるようになります。

デフォルトでFeedlyが設定されていると思いますが、Feedlyで表示されない場合はChromeの右上に表示されているアイコンを右クリックしてオプションを開いてください。

すると下記の画面が表示されます。

ここでFeedlyをデフォルトに設定しておけば、Chromeの右上に表示されているアイコンをクリックするとFeedlyで開くことができるようになります。

実際にFeedlyで表示するとこのような画面が表示されます。

右上の「FOLLOW」を押せば、サイトの登録は完了です。

このようにして、まずは気になるメディアをとにかくFeedlyに登録してしまいましょう。

AndroidやiPhoneからFeedlyにサイトを追加する

AndroidやiPhoneからFeedlyに登録する時は、サイト上にFeedlyのSNS共有ボタンが設置されていればそこから登録することができます。

そのSNSボタンがうまく機能していない場合や、そもそもSNSボタンが設置されていない場合は、Android,iPhoneアプリからPocketに保存しておけば空いた時間にパソコンからFeedlyに登録することができます。

FeedlyとPocketを活用した情報収集法


では、FeedlyとPocketを使った情報収集の効率的な方法をご紹介していきたいと思います。

手順は下記のとおりです。

  1. 通勤時間や空き時間に、Feedlyのスマホアプリを使って各メディアのRSS配信を流し読みし、気になる記事だけPocketに保存する
  2. 時間がある時にパソコンを使って、Pocketに保存した記事の内容をチェック
  3. 本当に気になる記事だったらPocketでお気に入りに保存

すべてのメディアの全記事をチェックしていると、時間がかかってしまいます。そこで、タイトルや最初の導入分を読んでみて気になるものだけPocketに保存しましょう。

多くのメディアを登録しているとこの作業に多くの時間がかかってしまうので、ここは流し読みするというのがポイントです。

そして、Pocketに保存しておいた記事は時間がある時にパソコンからチェックするようにしましょう。

パソコンでチェックした方が記事を早く読むことができ、ローディングも速いので効率的に確認することができます。

そして、本当に参考になる記事であればPocketのお気に入りに保存しておけば、後から振り返りたくなった時もすぐに見つけることができます

この手順に従うと、下記のように情報を整理することができます。

  • 気になるメディアはFeedlyに保存
  • 気になる記事はPocketに保存
  • 本当に役に立つ記事はPocketのお気に入りに保存

このように、情報に優先順位を付けて保存するクセを付けておくと、後からメディアや記事を探す時にスムーズに見つけることができるようになります!

まとめ

Web業界やIT企業で働く方は、常に最新の情報を収集し続ける必要があります。

FeedlyとPocketを上手く活用すれば、誰よりも早く、効率的に最新の情報を収集することができます。

本サイトもFeedlyに登録して購読していただけると大変喜びます!

Webメディアやブログを運営している方は自身のサイトのRSS配信設定がしっかりとできているか、自分でFeedlyに登録して確認しておくと安心ですね。

FeedlyとPocketを上手く活用して、常に最新情報を掴むように心がけましょう!

スポンサーリンク

おすすめの記事