Webサイトに掲載するためのイラストや、趣味でお絵かきをしている人など様々な方がいると思いますが、まだまだPCを使って作業を行っている方が多いのではないでしょうか。

しかし、最近ではiPadとApple Pencilなどの「スタイラスペン」を使ってイラストを制作する人も増えてきています。

今回は、iPadでイラスト制作を行う時におすすめのペイントアプリをご紹介したいと思います。

iPadのおすすめペイントアプリ3つ

iPadでイラスト制作ができるおすすめのペイントアプリは、下記の3つです。

  • Procreate(プロクリエイト)
  • Adobe Fresco(アドビ フレスコ)
  • CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)

いずれもよく知られているアプリなので、聞いたことをある人も多いと思います。Frescoが登場する前までは、Procreateとクリスタの実質二択のような状況でしたが、Frescoが登場して3強のような形となりました。

また、先日TwitterでiPadでのイラスト制作に使用しているアプリに関するアンケートを行った所、下記のような結果となりました。

投票数が81なのであまり母数が多くありませんが、上記の3つのアプリの中ではProcreateが一番人気という結果が出ています。それ以外が23.5%なので、この3つのアプリで75%以上のシェアは占めているようです。

では、それぞれのアプリについて詳しくチェックしていきましょう。

Procreate(プロクリエイト)

Procreateは、iPadでイラスト制作を行っている人の中で最も人気のアプリです。操作性の高さや、機能の細かさ、抜群の使いやすさなど、iPadでストレス無くイラスト制作を行うための機能が1つのアプリに詰め込まれています。

Procreateの特徴

では、Procreateはどのような点で優れているのか、具体的にご説明していきたいと思います。

ブラシの種類が豊富

Procreateは、デフォルトのブラシだけでもたくさん用意されていて多彩なイラストを描くことができますが、ブラシを自分が使いやすいようにカスタマイズすることが可能です。

デフォルトでも100種類以上のブラシが用意されていますが、自分でカスタマイズされたブラシを作ったり、ネット上からブラシをダウンロードして利用することもできます。

使いやすいUI

Procreateは、UIの使いやすさが人気である理由の1つです。クイックアクションという機能を利用すれば、画面を長押しで予め登録してあったアクションを呼び出したり、カスタマイズしたブラシを選択したり、様々なことが行えるようになっています。

複数のブラシを使ってイラストを作る方も多いと思いますが、クイックアクションにそれぞれのブラシを登録しておけば、すぐに切り替えることができるのでかなりスムーズに操作を行うことができます。

とてもシンプルなUIなので、初めて使う時はどのように操作すればいいのか分からず戸惑うかもしれませんが、使い方を理解していくうちにシンプルなUIが使いやすさにつながっているということに気づくはずです。

細かな操作方法を知りたい場合は、Procreateの使い方を紹介している動画がYoutubeに多数アップされているので、それを参考にするのがいいでしょう。

とにかく機能が豊富

Procreateはとにかく高機能です。普段Procreateを使っている人は気づかないかもしれませんが、他のアプリを使ってみるとProcreateの素晴らしさに気づくことでしょう。

  • 描画ガイドの種類が豊富
  • ブレンドモードが豊富
  • 細かなレイヤー管理が可能
  • テキスト入力もできる
  • クイックシェイプで図形がきれいに描ける
  • 制作の過程をタイムラプス動画で書き出すことができる
  • 筆圧曲線が調整できる
  • 直線や曲線、図形などをきれいに描くことができる
  • アニメーションも作れる

機能が多すぎて最初から全て使いこなすことは難しいですが、慣れていくにつれそれぞれの使い方が分かってくるはずです。

Procreateの料金

Procreateは、1220円の買い切りによる販売となっています。1年間使えば1ヶ月100円程度となり、かなりお手頃価格で利用できると考えていいのではないでしょうか。

有料アプリには抵抗がある人も多いかもしれませんが、一度Procreateを使うと他のアプリを使えなくなるという人もいるくらいなので、iPadでイラスト制作をやってみたいと考えている方は一度試してみるとよいでしょう。

Adobe Fresco

Adobe Frescoは、2019年9月にiPadOSの登場に合わせて登場したAdobe製のiPad向けペイントアプリです。3つのアプリの中では一番後発ですが、Adobeからリリースされたということもあり、イラストレーターの間では大きな話題となりました。

下記の公式動画で、Adobe Frescoで絵を描いている様子を見ることができます。


Adobe Frescoの特徴

Adobe Frescoの優れている点をご紹介していきたいと思います。

ライブブラシがすごい

Frescoにはライブブラシというブラシの種類があり、これを使うと実際に水彩絵の具を使って絵を書いたときのようなにじみ方や色の混ざり方をデジタルの世界で忠実に再現することができます。言葉で説明してもよく分からないと思うので、ライブブラシのすごさがよく分かる下記の動画をぜひ見てください。

水を含んだ水彩絵の具がキャンバスに広がっていく様子が、とてもなめらかで忠実に再現されていて、見ているだけでも楽しくて美しいですよね。他のアプリではここまで優れた表現を行うことができないので、高度な処理を行うことができるのはFrescoの魅力の1つです。

Adobe製ツールという安心感

Adobe Frescoは2019年9月にリリースされたばかりですが、発表直後にAppStoreの全アプリのランキングで1位となるなど、その登場によって多くの注目を集めました。

現時点でもかなり優れたアプリとなっていますが、まだまだリリースされて間もないので今後のアップデートでどんどん進化していくことは間違いないでしょう。

Adobe XDもリリースされてからアップデートを重ね、2〜3年の間にシェア一位を争うUIデザインツールとなりました。Frescoも同様に様々なアップデートが加えられてさらに優れたペイントアプリとなっていくのではないでしょうか。

Adobe Frescoの料金

Adobe Frescoの料金は、下記の通りです。

月額 980円
無料期間 6ヶ月間
備考 Photoshop、もしくはCreative Cloudコンプリートプラン登録済みの方は実質無料

月額980円なので、Procreateと比べると少し割高ですが、6ヶ月間の無料期間が提供されていて、PhotoshopかCreative Cloudコンプリートプランをすでに利用されている方は、Frescoのライセンスも含まれているので、追加料金無しで利用することができます。

CLIP STUDIO for iPad(クリスタ)

クリスタは元々PCで使用するイラスト制作ツールでしたが、それと同等の機能を持ったアプリがiPad向けにリリースされました。

個人的にはあまり使ったことは無いのですが、iPadでイラストを描いている人の中ではクリスタを使っている人が結構いるという印象です。

クリスタの特徴

では、クリスタの特徴を1つずつご紹介していきます。

マンガやコミックイラストの制作に最適

クリスタはマンガ制作に便利な機能が多数用意されていて、マンガを描く場合はProcreateやAdobe Frescoよりもクリスタが最も相性が良いようです。

例えばイラストを複数ページで管理することができたり、Kindleフォーマットに出力することができるなど、マンガの制作に役立つ機能が一通り用意されています。

日本企業ならではの、細かな所まで手が届く機能が提供されているようなイメージですね。

PCでも作業できる

クリスタは、PC版のソフトも提供されていて、iPadで制作したイラストをPCで編集したり、その逆も可能です。

ProcreateやFrescoはPhotoshopのPSD形式でファイルを書き出して、PCで編集するという流れになるため、PCで修正したものを再度iPadで編集することが難しいです。

シーンによってPCとiPadを使い分けたいという方はクリスタを使えばストレスなく作業を行うことができるのではないでしょうか。

アニメーションも作れる

クリスタにはPROプラン、EXプランの2種類がありますが、上位のPROプランはパラパラ漫画のように、複数枚のイラストを順番に表示することで、アニメーションを制作することができます。

Procreateにもアニメーション機能はありますが、クリスタの方がより機能がしっかりと作られていて、細かな調整を行うことができます。

クリスタの価格

CLIP STUDIO PAINTには、EXプランとPROプランの2種類があり、それぞれの価格は下記の通りです。

EXプラン PROプラン
月額 480円 980円
年額 2,800円 7,800円
無料期間 6ヶ月 なし

マンガや本、アニメーションを作りたい場合はPROプランがおすすめですが、そうでない場合はEXプランで十分でしょう。

公式サイトで詳しい機能の違いについて紹介されているので、そちらを参考にしてみてください。

結局どれがいいの?

それぞれのアプリに特色がありますが、それでもどれにすればいいのか分からない!という方は下記を参考にしてみてください。

Procreate
  • 初めてiPadでイラスト制作を始める人におすすめ
Adobe Fresco
  • 無料でイラスト制作を始めたい人におすすめ(6ヶ月間無料)
  • すでにPhotoshopやCreative Cloudコンプリートプランに登録している人におすすめ(追加料金無し)
CLIP STUDIO PAINT
  • 漫画やアニメのようなイラストを描きたい人におすすめ

悩んだらProcreateから始めるのがおすすめです。利用者数が多く、基本的な機能も揃っているので、初めて使うペイントアプリとしては最適です。

思い通りにProcreateを使いこなせるようになったら、Frescoやクリスタのお試し期間を活用して、どんな違いがあるのか見てみると自分に合ったアプリが見つかるのではないでしょうか。

iPadは持っているけれどあまり活用できていないという方は、この機会にiPadを使ったイラスト制作に挑戦してみてください!

おすすめの記事