今や誰もがPCやスマホを持つ時代となりました。色々なサービスがリリースされ、利用する機会も圧倒的に増えたと思います。

自分も同じように何か作ってみたい!と思う方も多いかもしれませんが、そこで一番のハードルとなるのがプログラミングの習得です。

今回は、そんな人におすすめのオンラインで学べる無料プログラミングサイトの中から人気なものをいくつかピックアップし、それらの長所短所についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ドットインストール

%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab-3%e5%88%86%e5%8b%95%e7%94%bb%e3%81%a6%e3%82%99%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%99%e3%82%8b

実際にプログラミングをしている画面を動画で見ながら学べる学習サイトです。いきなりプログラミングを書けと言われても…という方はまずこのサイトで色々なプログラミング言語の動画を見てみるのがおすすめです。

言語の種類も非常に多く、オンラインのプログラミング学習サイトの中ではこれが一番メジャーなのではないでしょうか。

長所:動画で見れるので軽い気持ちで始められる。
短所:実際にコードを書く機会はないので、ある程度分かっている人は物足りない。

ドットインストール

codecademy

learn-to-code-codecademy

英語のサイトですが、このサイトは実際にブラウザ上で自分でコーディングをしながら学んでいくスタイルを取っており、非常に効率よく学習が進められます。

英語が読めないと少ししんどいですが、たくさんの言語のレッスンがあるので、幅広い範囲の学習をすすめることができます。

また、言語に寄っては入門編の次には応用編も用意されており、そこそこのレベルまでこのサイトだけで身につけることができるでしょう。

個人的には一番おすすめのサイトです。

長所:実際にコーディングをするので身につくスピードが早い。
短所:日本語で表示できない。

codecademy

CODEPREP

codeprep-%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%81%a6%e3%82%99%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99%e3%82%92%e5%ad%a6%e3%81%bb%e3%82%99

このサイトも先ほどのcodecademy同様、実際にコードを書きながら進めることができます。

レッスンは穴埋め形式のクイズを埋めていくような形式のため、非常にシンプルで分かりやすいです。

長所:日本語で表示できる。実際に自分でコーディングができる。
短所:穴埋め形式なので、全体の流れがつかみづらい。

CODEPREP

スポンサーリンク

Progate

progate-%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99%e3%81%ae%e5%85%a5%e9%96%80%e3%81%aa%e3%82%89%e5%9f%ba%e7%a4%8e%e3%81%8b%e3%82%89%e5%ad%a6%e3%81%b8

東京大学の学生が作ったサイトで、先ほどのcodecademyと同様に実際にコードを書きながら学ぶことができます。

1つのレッスンを通して1つのサイトを作り上げるようなレッスンの形式を取っているため、ウェブサイト作成の全体の流れを理解しながら学習を進めることができます。

比較的最近出来たサービスなので、まだコンテンツ量は少ない印象がありますが、親切な説明と分かりやすいUIでいま注目のサイトです!

長所:1つのレッスンを通してサービスをつくり上げるため、流れをつかみやすい。
短所:コンテンツ量が他と比べるとまだ少ない。

Progate

無料サービスで満足できなければ有料サービスも考える


無料のオンライン学習サービスは様々なサービスが展開されており、学べる言語の種類もだいぶ増えてきました。

しかし、どれも1人で学習するものばかりなので、どうしても途中でやめてしまったり、応用が中々難しいため作りたいものを作れるだけの力がつけられなかったりします。

書籍を使って独学で勉強するという方法もありますが、誰かに教えてほしいという場合には、オンラインの有料サービスを利用するのも手です。

例えば、CodeCampというサービスはマンツーマンでレッスンを受けることのできるオンラインプログラミングスクールです。

実際に現役のエンジニアの人から教えてもらうことができるので、聞きたいことを好きなだけ聞いたり、分からない所はとことん教えてもらったりすることができます。

CodeCampの特徴や評判を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

有料サービスは一見高いように感じますが、優れたプログラミング技術を身につけることができれば、授業料分のお金はすぐに稼げるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?4つのサイトそれぞれ長所と短所がありますが、自分の学習の段階と好みに応じて使い分けていけば、これらのサイトで勉強するだけでプログラミング能力がぐっと高まるはずです。

ただ、あくまで入門編であり、決まったものを作っていくようなものが多いので、「こういう機能を実装したい」というような時にはまだまだ手が及ばない感じになると思います。

基本の部分はこれでばっちりだと思うので、次のステップへ進む時には書籍を購入するのがおすすめです。書籍についてもまた別の記事でまとめたいと思います!

スポンサーリンク

おすすめの記事