メディアやブログなどに掲載されている文章を読むことは多いかもしれませんが、その書き方を考える機会はあまりありませんよね。

実際にWebメディアやブログを運営したことがある方なら分かると思いますが、伝わりやすい文章を書くのは慣れるまではなかなか大変な作業です。

同じ内容の文章でも、人によって書き方も様々あり、それによって読む人に伝わる内容も大きく変わってきます。

今回は読む人を惹きつけるような文章力を身につけるためのテクニックをご紹介していきます。

スポンサーリンク

書き始める前に準備する

prepare
初心者がやってしまいがちなのが、何も準備をせずにいきなり文を書き始めてしまうことです。

文章を書いている途中で何を書いていいかわからなくなったり、同じことを二度書いたりしていたことはないでしょうか。

その原因は、構成を考えずに文章を書いてしまっていることです。

絵を描くときには、いきなり細部を描くようなことはせず、まずは全体像や構成を作ってから細部を描いていきますよね。

同じように文章を書くときにも、いきなり文章を書き始めるのではなく、先に全体像が見えるような構成を作ることが重要です。

まずは、文章を書き始める前にどのような準備が必要なのかご説明していきたいと思います。

ターゲット明確にする

まずはどんな人に読んでもらう文章なのかをしっかりと定めましょう。

例えばこの記事であれば、「Web上での文章をうまく書けるようになりたい人」に向けた記事になります。

文章を書くときに重要なのは、読者の人に共感してもらったり、その人の役立つような文章になるよう心がけることです。

しっかりとターゲットを明確にすることで、読者となる人がどういった情報を求めているのか、どういった書き方をすれば分かりやすく伝えることができるのか、イメージしやすくなります。

目的を明確にする

どんな文章にも必ず目的は存在します。文章を読んだ人がどうなってほしいのかを考えながら文章を書くようにしましょう。

この記事を例にすると、「読者のWeb上でのライティング技術が向上すること」です。

目的がしっかりと定められていると文章全体のテーマが明確になり、始めから終わりまで統一感のある文章に仕上げることができます。

内容を明確にする

ターゲットと目的が決まったら、最後は内容を決める必要があります。

この記事の場合は「Webでの文章の書き方の基本」です。

内容を明確にすることで文章の中身がはっきりとしてきます。

また、内容を明確にすること後に紹介する文章の構成を組み立てる際にも役立ってきます。

文章の構成を組み立てる

文章の構成を組み立てるとは、文章全体の流れを決めるということです。

短い文章であれば構成を考えなくてもまとまった文章に仕上げることができるかもしれませんが、長い文章を書く際には構成を考えておかないとまとまりのない文章になってしまいます。

Webに掲載する文章の場合は、タイトル、導入文、見出し、本文、まとめのそれぞれをどういった内容にするのか書く前に決めておくようにしましょう。

タイトルの付け方

title
Webに掲載する文章の場合、その文章に付けるタイトルが非常に重要になります。

検索結果としてされた場合、ユーザーはたくさんあるページの中から、検索結果一覧に表示されているタイトルを頼りにどのサイトを開くか判断します。

また、リンクの場合も同様にタイトルを見て、気になるタイトルであればそのページを開いてもらえる確率が高くなります。

ページのタイトルは本文以上に重要と言っても過言ではありません。

読む人の興味を引き立てるようなタイトルの付け方のコツをいくつかご紹介します。

インパクトのあるタイトルにする

例えば、以下の2つのリンクがあった時に、あなただったらどちらを選びますか?

  1. 押さえておきたいWebライティングの基礎
  2. 初心者必見!プロが教えるWebライティングの秘密

おそらく、多くの人が後者を選ぶのではないでしょうか。

後者のタイトルは、「プロ」、「秘密」というワードが入っているので、何かすごい情報が書かれているような雰囲気があります。

このように、思わずクリックしてしまいそうなタイトルをつけることで検索結果に表示された時にページを開いてもらえる確率を高くすることができます。

しかし、おおげさなタイトルを付けすぎると読者が期待を裏切られたような気持ちになってしまい、サイトの信用度が低下してしまいます。

「釣り」や「煽り」になってしまわないように気をつけながら、印象に残るようなタイトルを考えてみてください。

検索している人の気持ちになる

Googleなどの検索エンジンから検索している人は、何らかの目的を持っているはずです。

例えば、「Web 文章 書き方」で検索をしている人は、「Web上での文章の書き方を知りたい」という目的を持って検索をしていると想像できます。

そのため、「このページを読めばその疑問が解決しますよ」というメッセージを込めたタイトルを付けることで、検索結果に表示された時にページを開いてもらえる確率が高くなり、結果として検索順位も上昇します。

ユーザーの気持ちになって、どういった情報を求めているか、どんなタイトルであればそれが解決するかを考えるようにしてみてください。

タイトルにキーワードを含める

その文章に何が書かれているのかが明確になるキーワードをしっかりと含めてタイトルをつけるようにしましょう。

例えば、渋谷でおすすめのカフェを紹介する記事を書いたとします。この記事に対して、「渋谷でおすすめのお店」というタイトルをつけた場合どうでしょうか。

「カフェ」というキーワードが入っていないことで、あいまいなタイトルになってしまっていて、記事の内容をきちんと伝えることができていません。

一方で、「厳選!渋谷のおすすめカフェ10選」というタイトルにすると、渋谷のおすすめのカフェを10個紹介している記事であることが良く分かります。

記事やページのタイトルは、どんな内容が書かれているのかを表すキーワードを含めたタイトルを付けるように心がけましょう。

文章を書くときに気をつけること

caution

では、実際に文章を書く際どういったことに注意する必要があるかご説明していきます。

オリジナリティを忘れない

Web上には膨大な量の文章が溢れていて、同じような内容が書かれたページがたくさん存在しています。

その中であなたが書いた文章が読まれるようにするにはどうしたらいいのか、それはあなたにしか書けない文章を目指すことです。

同じ内容の文章でも、書いている人の個性や特徴が出ている文章とそうでない文章では、読んでいる人に与える印象は大きく異なります。

たくさんのアクセスを集めるブログだと、書いている人に会ったことがないのにその人の性格や雰囲気がしっかりと分かるような文章で書かれていることが多いです。

オリジナリティの出し方は、説明のわかりやすさや、例えの的確さなど、なんでも構いません。

自分にしか書けない文章を作るということを心がけて、記事を書いてみてください。

改行の使い方

読みやすい文章に仕上げるためには、適切なタイミングで改行を入れる必要があります。

長い文章になってしまうとだらだらと文字が並び、読む側はどの部分にどんな内容が書かれているのかが分からなくなってしまいます。

また、改行を入れずにひたすら文章を書き続けると読者は途中で疲れてしまい、せっかく書いた記事も最後まで読んでもらうことができません。

ポイントは、自分で文章を口にしてみて息継ぎが必要なタイミングで改行を入れることです。

そうすることで、自然と読者が読みやすい文章に仕上げることができます。

結論を先に持ってくる

Webでの文章を書くときには、結論を先に持ってくるようにしましょう。

結論を先に持ってくることで、「いま何について書かれているのか」を読者が理解しながら読み進めることができます。

また、見出しに結論を書くようにすると、全体的にまとまった文章に仕上げることもでき、SEOにも効果があります。

説明を長々と書いてから結論を述べるのではなく、見出しや文章の序盤に結論を書いておくように心がけましょう。

まとめ

「自分は文章力が無いからまとまった文章が書けない」と思っているような人はたくさんいると思います。

しかしそれは間違いで、文章を書くときのテクニックを知らないから文章を書けないと思っているだけです。

もちろん、この記事をよんでこれらを実践してもすぐにはうまくいかないかもしれません。

しかし、文章というのは書き続けているとだんだんとコツを掴んでくるものです。

自転車に乗るのと同じで、はじめは大変かもしれませんが、慣れてくると自分の思い通りの文章を書けるようになります。

Webでの文章の書き方をマスターして、たくさんの人がアクセスするサイトを作ってみてください!

スポンサーリンク

おすすめの記事