Web制作におけるCSSフレームワークとは、デザインやレイアウトのベースを簡単に作ることができるライブラリです。

ページのベースとなる部分はCSSフレームワークに任せてしまうことができるので、作業時間を大幅に短縮することができます。

今回は、様々なCSSフレームワークの中から、おすすめの人気CSSフレームワークをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

CSSフレームワークとは

CSSフレームワークとは、デザインやレイアウトのカタログのようなものものです。

CSSフレームワークを使うと、デザインやレイアウトをクラス名の指定だけで作ることができるため、効率的にWeb制作を進めることができます。

また、フレームワークを使うとルールが明確に決まっているため、作成した人以外がページを修正する場合にも比較的容易に変更することができるというメリットがあります。

マテリアルデザインやフラットデザインのような流行のデザインに関しても、フレームワークを利用すればクラス名を付けるだけで簡単に再現できてしまうので、使いこなせるようになるととても便利です。

しかし、フレームワークにもファイルサイズがあり、高機能なものほどファイルサイズが大きくなり、ページの読み込みが遅くなってしまうというデメリットがあります。

ちょっとしたパーツのデザインであれば、サンプルコードを使ってデザインする方法もありますが、サイト全体のデザインを行う場合は、CSSフレームワークの方が実装も簡単で、統一感の取れたデザインに仕上げることができます。

CSSフレームワークを選ぶ時のポイント

フレームワークを使用する目的
フレームワークには、細かなボタンのデザインやアコーディオン、スライダーなど様々なコンポーネントが詰まっているものから、ページのレイアウトを行うためだけのフレームワークもあります。CSSフレームワークを使用する時には、どの部分にフレームワークを使用するかを先に決めておくことで、最適なフレームワークを見つけることができます。
デザインテーマ
もしあなたがフレームワークを最大限利用してWebページを作りたいと思っていても、そのサイトのデザインと合わないものであれば、利用することができません。そういった場合はページの大まかなレイアウトだけが入っているシンプルなフレームワークを使用した方がいいでしょう。
ファイルサイズ
ファイルサイズが大きいと、その分だけページの読み込みに時間がかかってしまいます。いくら優れたフレームワークだと言っても、余計な機能ばかりの場合はもっと軽量のフレームワークを使用した方がいい場合があります。自分の目的をしっかりと整理して、サイトに合ったCSSフレームワークを使うようにしましょう。

おすすめのCSSフレームワーク

では、おすすめのCSSフレームワークをご紹介していきます。

1. UIkit

UIkitは、数あるCSSフレームワークの中でも圧倒的にデザインに優れていて、かつ使いやすいモダンなCSSフレームワークです。(個人的に一番オススメ)

機能もとても豊富で、パンくずリストやページネーション、ノーティフィケーションなど様々なコンポーネントが用意されているので、幅広いWebサイトで使用することができます。

とても使い勝手のいいフレームワークにも関わらずとても軽量のCSSフレームワークで、できるだけ時間を使わずに、かつ見た目も美しいWebサイトを作りたい場合におすすめです。

2. Bulma

Bulmaは、Flexboxが使われていて、じわじわと人気を増してきているモダンなCSSフレームワークです。

Flexboxは、CSSによるレイアウト作成の主流になってきている方法であり、それも相まって利用者が増えてきています。

また、Bulmaはコンポーネント単位でスタイルをインポートすることができるので、一部の要素にだけBulmaのスタイルを適用するなど、必要な部分だけ利用できるというのも特徴の一つです。

3. Bootstrap4

Bootstrapは世界中で多くの人に利用されているCSSフレームワークです。最新版のBootstrap4が2018年1月に正式にリリースされました。

Bootstrap4になり、Bootstrap3の時に出ていた課題の多くが解決されていて、より使いやすいCSSフレームワークとなりました。

レイアウトにグリッドシステムを採用していて、色々なカラム幅のページを自由自在に作成することができます。

また、一般に公開されているWebサイトだけでなく、管理画面のWebページでは積極的にBootstrapを使って作られている場合も多いです。

Webデザイナーを目指している人は、Bootstrapを使いこなせるようになっておくと、色々な場面で役に立つでしょう。

4. Bootstrap3

Bootstrap4が登場したからといって、すぐにBootstrap3が使われなくなるわけではありません。

3から4への移行は、ルールの変更などによって少し手間がかかってしまうため、Bootstrap3を使い続けているケースもよくあります。

これからBootstrapを初めて使うという方は、Bootstrap4から始めてしまって問題ないでしょう。

5. Materialize

materialize

Materializeは、マテリアルデザインを簡単に実装することのできるCSSフレームワークです。

マテリアルデザインはGoogleが提唱したデザイン手法ということでとても高い人気が高く、見た目が美しく、ユーザーにとって使いやすいWebサイトを作ることができます。

サイト全体をマテリアルデザインで作ってしまうと、まるでGoogleを真似たかのようなデザインになってしまい、個性が無くなってしまいます。例えば、カードUIやボタンだけマテリアルデザインを取り入れるなど、アクセントとしてマテリアルデザインを使うようにすると、オリジナリティと使いやすさが両立されたWebサイトを作ることができます。

6. Foundation

FoundationはBootStrapと肩を並べる人気のCSSフレームワークです。

ポイントは高いカスタマイズ性で、BootStrapよりも色々とカスタマイズしやすい作りになっています。

フレームワークを使いたいけれどあまり全面に押し出したくないという場合は、Foundationを使用するとオリジナリティを保ちながら効率のいいWeb制作を行うことができますね。

7. Semantic UI

Semantic UI
Semantic UIは、セマンティックなマークアップでページを作成できるCSSフレームワークです。

要素ごとの意味合いを考慮しながらページを作成するため、直感的なイメージでページを作成することができます。

「セマンティック」や「意味合い」など、言葉で説明されてもあまり理解しづらいと思いますが、実際に他のフレームワークと使い比べてみると、Semantic UIのシンプルさや使いやすさに魅力を感じるはずです。

8. Pure

pure

PureはYahoo!が提供するCSSフレームワークで、ファイルが軽量ということで人気を集めています。

非常にシンプルなフレームワークなので、細かいデザインやカスタマイズは自分で行いたい時に使えるフレームワークですね。

9. SkyBlue

skyblue

SkyBlueはシンプルなCSSフレームワークで、とても軽量な点が魅力です。

SkyBlueを使用してページの大まかな部分は作成して、細かい部分は自分で作りたいような場合はおすすめのフレームワークです。

10. Skeleton

Skeletonは、必要最低限のスタイルだけが詰め込まれた超軽量CSSフレームワークです。

効率的にWebサイトを作成する場合に、Skeletonでレイアウトなどベースとなる部分を作成し、その上に自分でデザインをCSSで記述していくという使い方が一般的です。

グリッドやボタン、フォームなどちょっとめんどくさい所もしっかり用意されているので、気軽に使えるCSSフレームワークとしておすすめです。

まとめ

フレームワークは似たようなサイトになりがちではありますが、上手く使いこなすことでWeb制作の時間を大幅に短縮することが可能です。

また、フレームワークを勉強していると、自ずとWebコーディングの技術も向上するため、Webデザインやコーディングの勉強している方は色々と触ってみると、色々な力を身につけることができるのではないでしょうか。

Webデザインは流行が変化するスピードが早く、最新のトレンドを常にチェックしておく必要があります。2017年のWebデザインのトレンドはこちらの記事でチェックしてみてください。

その他にも、フレームワークは使わずにコンポーネントごとのスタイルだけ適用するという方法もあります。こちらの記事で、パーツごとにコピペで使えるCSSのサンプルコードをまとめてあります。

CSSフレームワークを活用して、効率良くクオリティの高いサイトを作成してみてください!

おすすめの記事