有料写真素材サイトとは、Webサイトや制作物で利用する写真素材を有料で手に入れることができるサービスです。

無料で素材を手に入れることができるフリー写真素材サービスも多く公開されていますが、有料素材の方がクオリティが高かったり、素材の種類が多かったりするなど、ビジネスで使用する場合には有料写真素材を使用するほうが望ましいケースも多々あります。

※無料写真素材をお探しの方は、下記のページをご覧ください。

では、おすすめの有料写真素材サービスをご紹介していきます。

スポンサーリンク

おすすめの有料写真素材サービス

今回おすすめの有料写真素材サービスをご紹介するにあたり、下記の要素を重視しました。

  1. 価格
  2. 素材のクオリティ
  3. 素材の種類

価格については、個人でも手が届く価格帯のサービスをメインに選んでいます。もちろん、素材のクオリティや種類が豊富なサービスを厳選しています。

1. Adobe Stock


Adobe Stockは、Adobeが提供する写真素材サービスです。

一番の魅力は、IllustartorやPhotoshopから簡単に使用することができるという点です。

使用したい写真素材を購入前でもイメージとして当てはめることができ、実際に使用する時に購入することができるので効率的に作業を行うことができます。

写真素材だけでなく、下記の素材を手に入れることができます。

  • 写真
  • 動画
  • テンプレート
  • イラスト
  • ベクター

2. Shutterstock

Shutterstock(シャッターストック)は、2億3400万点以上の素材を提供している有料素材サービスです。

  • 写真
  • ベクター画像
  • イラスト
  • アイコン
  • 動画
  • 音楽

アイコン素材やイラストなどは、Web制作の現場でも使用する機会が多いのではないでしょうか。企業での利用はもちろん、個人の仕事でも利用しやすい価格設定となっています。

スポンサーリンク

3. PIXTA

PIXTA(ピクスタ)は、日本の企業が運営する写真素材サービスです。海外の企業が運営する写真素材サービスの場合、登場する人物も海外の人なので、上手く伝えたい雰囲気を伝えないという場合がありますが、PIXTAでは日本人が写っている写真素材を手に入れることができるのが大きな魅力です。

写真素材の他にもイラスト素材、ベクター素材、音楽素材などが提供されています。

4. iStock

iStockはGetty Imagesが運営するもう一つの写真素材サービスです。Getty Imagesよりも低価格で写真素材が提供されているので、Web制作などの場合はiStockの方が利用しやすくなっています。

5. 123RF

123RFは、写真素材、イラスト素材、動画素材、音楽素材を提供する素材サービスです。素材の数は全部で1億点を超えており、豊富な種類の素材から探すことができます。

その他の有名有料写真素材サービス

上記では紹介していませんが、有名な有料写真素材サービスは他にも様々なものがあります。

テレビや出版、広告関係などで多く利用されているサービスですが、利用料金が少し高いので、Web制作やグラフィックデザインの現場で使うケースはあまり多くないかもしれません。

Aflo

Afloは日本の企業が運営する有料素材サービスです。写真・イラスト素材のほか、動画素材も取り扱っています。美術・絵画素材や出版・報道写真などの分野を得意とするサービスですね。

アマナイメージズ

アマナイメージズは世界中に利用者がいる有料写真素材サービスです。テレビやメディア、出版社などの業務用途で利用する人が多いサービスで、広告やカタログなど、高品質な写真素材が欠かせない場合におすすめのサービスです。

Getty Images

Getty Images(ゲッティイメージズ)もアマナイメージズと同様、報道、マスコミ、広告、出版関係の業務で使われる機会が多い有料写真素材サービスです。

まとめ

フリー写真素材サービスと比べると、有料の写真素材・ストックフォトサービスの方が素材の種類が圧倒的に多く、必要な素材のイメージにぴったりの写真を見つけることができます。

その他にも、イラストやベクター素材など、デザイン制作に欠かせない素材も有料素材サービスであれば、様々な種類の中から探すことができるのが魅力ですね。

とはいえ、無料の写真素材サービスのクオリティもどんどん向上しているので、まずは無料の写真素材サービスで探してみて、イメージにぴったりのものが無ければ有料写真素材サービスから探すというのが賢い使い方かもしれません。

おすすめの記事