Webデザインの世界はトレンドや技術の入れ替わりが激しく、常に新しい情報を吸収し続けなければなりません。Web上で公開されている情報も大事ですが、書籍を読むと整理された情報を吸収できるので得られるものが大きいですね。

今回は、最近読んだWebデザイン関連の書籍の中から、おすすめのものをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Webサイト、これからどうなるの? キーワードから探るWeb制作の未来像

Webサイト、これからどうなるの? キーワードから探るWeb制作の未来像

Webデザインの最新情報や、今後の動向についてまとめられている書籍です。これからWebデザインの勉強を始める人よりは、すでにWebデザイン制作を行っている方におすすめです。コーディングに関する情報から、マーケティング、制作フローの知識など改めてWebデザインの全体像を振り返りたい時に読むとよさそうです。

新しくサイトを作成する際には一度読んでおくと、コーディングに関する情報からSEOに強いサイトの設計など、様々な情報を得ることができます。

ノンデザイナーでもわかる UX+理論で作るWebデザイン

ノンデザイナーでもわかる UX+理論で作るWebデザイン

UX(ユーザーエクスペリエンス)について、システマティックな視点で書かれている書籍です。どういった考えでサイトを設計するとUXの優れたWebサイトになるのかなど、あまりUXについて知識が無い方は一度読んでおくと様々な知識が得られます。

コーディングの技術は身に付けたけど、自分で0からWebサイトを設計したことが無いような方におすすめです。

Webデザイン良質見本帳 目的別に探せて、すぐに使えるアイデア集

Webデザイン良質見本帳  目的別に探せて、すぐに使えるアイデア集

様々な視点からWebデザインについての情報がまとめられている書籍です。Webサイトの印象、配色、業種、レイアウトなどのテーマ別に、押さえるべきポイントが集約されているので、Web制作を行う際にとなりに置いておくと役立ちます。

Webデザイナーに限らず、アプリ制作にも応用できるポイントが数多く掲載されていて、ディレクターや営業の人も一度読んでおくと色々なシーンで活用できる知識が得られるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

HTML5&CSS3デザイン 現場の新標準ガイド(特典PDF付き)

HTML5&CSS3デザイン 現場の新標準ガイド(特典PDF付き)

Webデザインの入門書には載っていないような細かい知識が技術がまとめられている書籍です。入門書を読み終えた方は次にこの本を読むことでより詳しい知識を得られるのではないでしょうか。

また、HTMLタグについて一覧形式でまとめられているため、中上級者の方もHTMLの復習をしたい時に良さそうです。

Webデザイン必携。 プロにまなぶ現場の制作ルール84

Webデザイン必携。 プロにまなぶ現場の制作ルール84

Webデザインの知識というよりは、実際に現場で使える知識についてまとめられている書籍です。納品データの作り方や、Photoshop、Illustratorに関するテクニックなどもまとめられているためフリーランスで働かれているような方は一度読んでおいた方がいいでしょう。

クオリティの高いデザイン制作というのは、完成品のクオリティも大事ですが制作過程でのやり取りがスムーズで戻りの少ないような手順を取れることが大事です。ぜひこの本を読んで制作フローについてもポイントを押さえておきたいですね。

まとめ

Webデザインを勉強したての頃は色々な本を読んでいましたが、改めて本で知識を取り入れるということが大事だと思いました。最新の情報を知っているつもりになっていても、本のように情報が綺麗にまとめられたものを読むことで、知識の整理を行うことができます。

Webデザインの手法については下記のページでまとめてご紹介しています。ぜひ情報の整理に役立ててみてください!

おすすめの記事